エアーガンのカスタム、レビュー。たまにガジェット紹介。 | エボログ

トレポンのストックチューブイン用バッテリーとして、ET1 11.1V 1400mAh レッドラインを買いました

トレポンのストックチューブイン用バッテリーとして、今まではNEOXの11.1V 850mAhや950mAhのLiPoバッテリーを使ってきたのですが、最近もっと大容量・高出力なLiPoバッテリーが欲しくなり、ET1 11.1V 1400mAhを買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ET1は、「ホワイトライン」「グリーンライン」「イエローライン」「オレンジライン」「レッドライン」といった、色による区別がされており、それぞれCレートが異なるという噂がありますが、実際どのラインがどのCレートなのかイマイチはっきりしていません。
レッドラインは30C、イエローラインは20Cという情報もありますが、公式の情報では無さそうなので正しい物かどうかイマイチよく分からないのが現状です。

まあ、レッドラインが一番Cレート高いのは間違いないと思うので、高出力なLiPoが欲しければレッドラインでアンペアの高い物を買っておけば良いと思います。

コネクタはタミヤミニコネクタ。
まあ、一般的な電動ガン用のLiPoバッテリーなのでこのコネクタなのは仕方ないですね…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NEOX 11.1V 950mAhとの比較はこんな感じ。
容量が大きければ当然セルも大きくなっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

厚さも少しET1の方が太いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とは言っても、SYSTEMA純正のMIL規格バッファーチューブには問題なく入ります。(少し飛び出ますが)
尚、私のトレポンのFETはAIRO Mini FET for PTWが組み込まれています。
恐らくほぼ同サイズのFETである2013年モデルや、CTWの小型FETも同様に問題なく収まると思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、トレポンで問題なく使える(入る)事が分かったのでコネクタを交換します。
純正だと先述の通りタミヤミニコネクタなので、これをSYSTEMA規格のディーンズタイプに交換します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケーブルの長さも調整して無駄な余りが無いようにしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストックの伸縮はここまで行えます。
一応、もう1段階縮める事が出来るのですが、少しケーブルを圧迫してしまうのでこれくらいが限界かなと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に動かしてみると今まで使ってきたNEOX 11.1V 950mAhに比べて初動がかなり速くなった印象がありました。
やはりCレートが上がり、電流も増えたからでしょうか。

しかし、屋外で使ってみた場合は、今の気温のせいかそんなに大きな差は感じられませんでした…。
24度位の環境では体感がかなり違っていたのですが、流石に10度以下だとセルの化学反応が鈍くなり、バッテリーが持つ本来の出力にならないのでしょうか。