エアーガンのカスタム、レビュー。たまにガジェット紹介。 | エボログ

PickUp

SYSTEMA PTW リコイルモデルにDSGを組み込みました(リコイルトレポンなんて無かった)

一通り分解して内部の状態が分かったSYSTEMA PTW リコイルモデルこと通称「リコポン」ですが、ちょっと色々と弄っていく事にします。 というか、その為に分解してたんですけどね…。 リコイルバッファーの分解についてはこちら ギアボックスの分解についてはこちら ちなみに、FETは外し方がイマイチ良く…

ピックアップ記事を見る

VORTEX SPARC ARとSIG SAUER ROMEO 4Bを比較してみた

先日、ファーストインプレッション記事を書いたVORTEX SPARC ARですが、本体に付いているゴム製のカバーは簡単に外す事が出来ます。 そして、このカバーを外すと、SIG SAUER ROMEO 4Bの形状に非常によく似ている事が分かりました。 上や側面が斜めになっている所とか似てますよね。 R…

詳細はこちら

T1サイズのドットサイト、VORTEX SPARC AR(2016年モデル)を購入しました。

前から気になっていたT1サイズのドットサイト、VORTEX SPARC ARを買ってみました。 確か、去年のショットショーで発表されたモデルだったかと思います。 内容物はこんな感じで本体と取扱説明書、グロス、ライザープレート、20mmマウント、マウント固定用のネジ、トルクスレンチ、単4アルカリ電池で…

詳細はこちら

FIRSTオリジナル EoTech ホロサイト用 ポリカーボネート レンズカバーを購入

FIRSTオリジナルのEoTech ホロサイト用のレンズカバーを購入しました。 材質はポリカーボネートで、厚みは2mmになります。 このような感じのレンズカバーが入っており、最初は表面にフィルムが貼られているので曇っています。 フィルムを剥がすと、クリアなポリカーボネートが見えてきます。 上と左右を…

詳細はこちら

LaRue LT649タイプの30mm QDスイングマウントリングを購入

以前、LUCIDの可変倍率マグニファイアと一緒に購入し、レビュー記事を描いたNcSTARのスイングマウントですが、あまりにゴミクズ過ぎました。 エアーガン(通常電動ガン)の射撃の衝撃でガタガタ揺れるマウントリングってどうなのよ…。 というか、実銃でこのNcSTARのスイングマウントを使ったらどうなっ…

詳細はこちら

LUCID 2-5x 可変倍率マグニファイアとNcSTAR QD スイングマウントを購入

LUCID OPTICS製の可変倍率マグニファイア(LUCID OPTICS 2x-5x Variable Magnifier)と、NcSTAR製の30mmチューブ用 QDスイングマウントを購入しました。 以前からLUCIDの可変倍率マグニファイアには興味があり、悩んでいたんですよね…。 まあ、結局…

詳細はこちら

T1タイプのドットサイト、SIG SAUER ROMEO 4Bを買いました

FBIへの制式採用が決定したT1タイプのチューブ型ドットサイト、SIG SAUER ROMEO 4Bを買いました。 2017年2月10日追記 FBIへの採用が決定したのはROMEO4 Mというまた別のモデルのようです。 ROMEO4 Mは日本製で、それ以外のモデルは中国製です。 基本的なスペックはほ…

詳細はこちら

20mmレイルに取り付ける水平器を購入しました

以前、マウントリングに取り付ける水平器を購入し、ショートスコープ(Bushnell AR OPTICS 1-4×24)に取り付けたり、ホームセンターで売られている水平器を分解してチャージングハンドルに取り付けてみたりしてましたが、今度は20mmレイルに直接取り付けられるタイプの水平器を買っ…

詳細はこちら

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池(1900mAh)を購入

以前、Amazonベーシックの大容量(2400mAh)なモデルを購入したのですが、今度は1900mAhの方を買ってみました。 今回、1900mAhの方を買ったのに深い理由は無いのですが、単に2400mAhと1900mAhの違いを知りたかったのです。 という訳で、単3形の4本入りの物を買いました。 少…

詳細はこちら