MacのXAMPPでバーチャルホストを設定する | エボログ

MacのXAMPPでバーチャルホストを設定する

MacのXAMPPにバーチャルホストを設定してみます。

所謂サブドメインです。

 

WindowsとMacだとどうやらファイルの場所が違うようなので、今回はMac用の設定方法。

MacのApplicationディレクトリ直下にXAMPPフォルダがある事を前提としています。

 

 

まず、[/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra]ディレクトに移動し、”httpd-vhosts.conf”をテキストエディタで開きます。

尚、このファイルはApplicationディレクトリ以下にあるので、保存する時にパスワードを要求されます。

なので、テキストエディタによっては開けない or 保存出来ない場合があります。

f:id:evolutor:20130110160307j:plain

 

開いたら最初から一番下の行に下記のような記述があるので、それをコメントアウト(全ての行頭に#を付ける)します。

 

 

====================================

 

<VirtualHost *:80>

    ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com

    DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/docs/dummy-host.example.com

    ServerName dummy-host.example.com

    ServerAlias www.dummy-host.example.com

    ErrorLog “logs/dummy-host.example.com-error_log”

    CustomLog “logs/dummy-host.example.com-access_log” common

</VirtualHost>

 

<VirtualHost *:80>

    ServerAdmin webmaster@dummy-host2.example.com

    DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/docs/dummy-host2.example.com

    ServerName dummy-host2.example.com

    ErrorLog “logs/dummy-host2.example.com-error_log”

    CustomLog “logs/dummy-host2.example.com-access_log” common

</VirtualHost>

====================================

 ↓

====================================

 

#<VirtualHost *:80>

#    ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com

#    DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/docs/dummy-host.example.com

#    ServerName dummy-host.example.com

#    ServerAlias www.dummy-host.example.com

#    ErrorLog “logs/dummy-host.example.com-error_log”

#    CustomLog “logs/dummy-host.example.com-access_log” common

#</VirtualHost>

 

#<VirtualHost *:80>

#    ServerAdmin webmaster@dummy-host2.example.com

#    DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/docs/dummy-host2.example.com

#    ServerName dummy-host2.example.com

#    ErrorLog “logs/dummy-host2.example.com-error_log”

#    CustomLog “logs/dummy-host2.example.com-access_log” common

#</VirtualHost>

====================================

 

 

 

そしたら、コメントアウトした箇所の下の行に追加したいバーチャルホストを設定します。

f:id:evolutor:20130110160641j:plain

 

====================================

<VirtualHost *:80>

    DocumentRoot “/Applications/XAMPP/htdocs/evolutor/evolutor.net/”

    ServerName evolutor

</VirtualHost>

====================================

 

DocumentRoot・・・該当ディレクトリまでのパス

ServerName・・・バーチャルホスト名

 

続いて、Finderの「移動→フォルダに移動(cmd + shift + G)」から[/etc/]に移動します。

f:id:evolutor:20130110160914j:plain

 

移動先にある”hosts”というファイルを編集します。

このファイルも、上書き保存時にパスワードを聞かれるので、エディタによっては開けない or 編集出来ない可能性があります。

f:id:evolutor:20130110161011j:plain

開いたら、一番下の行に下記のような記述を追加します。

 

127.0.0.1   httpd-vhosts.confで設定したバーチャルホスト名(labs.evolutor)

例) 127.0.0.1  evolutor

f:id:evolutor:20130110161202j:plain

 

上書き保存したら、Apacheを再起動させます。

再起動完了後にブラウザのアドレスバーにバーチャルホスト名を打ち込んだら、指定したページが見れるはずです。

 

まあ、そんな感じです。