Galaxy NexusにCyanogenMod 10.1 20130113-NIGHTLYを導入してみる | エボログ

Galaxy NexusにCyanogenMod 10.1 20130113-NIGHTLYを導入してみる

今までGalaxy NexusにはAOKPのカスタムROM(aokp_maguro_unofficial_Dec-01-12)を入れて使っていたのですが、ぶらっとCyanogenModに寄ってみたら最新ビルド(と言っても、ナイトリービルドだが・・・)が出ていたので、早速入れてみる事にしました。

 

http://download.cyanogenmod.com/?device=maguro

 

私が入れたのは、”cm-10.1-20130113-NIGHTLY-maguro.zip“です。

md5は、”97d90cfed99f431e8f7a646bb5754684″。

 

gappsは、今まで使っていたAndroid 4.2.1用の物を流用。

今回新たにダウンロードしたりはしてません。

 

ROM焼きに使用したソフトはROM Managerです。

私はGoogle Playから有料版をダウンロードしています。

 

あと、私が使っているのはNTT docomo版のGalaxy Nexusではなく、台湾から輸入したものなので、docomo版とか若干仕様が異なっている可能性があります。

 

!!!!!注意事項 !!!!!

ブートローダーのアンロックやroot取得、カスタムROMの導入を行った場合、メーカーの補償は一切きかなくなります。

端末のデータ消失、端末が起動しなくなる事もあり得ます。

作業中にいかなるトラブルが発生しても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。

 

 

 

まず、念のため既存のROMデータのバックアップを取っておきます。

不要な場合は飛ばしても大丈夫です。

f:id:evolutor:20130114020756p:plain

 

バックアップが完了したら、ダウンロードしてきたカスタムROMを端末に入れます。

私は普段からファイルのやり取りにはGoogle純正のAndroid File Transferを使っています。

f:id:evolutor:20130114020825j:plain

 

カスタムROMを端末に入れ終わったら、早速ROM Managerを使ってROMを焼きます。

カスタムROMとgappsを選択し、「データとキャッシュのワイプ」を「はい」にした状態で「再起動とインストール」を選択。

f:id:evolutor:20130114020837p:plain

 

後は待つだけです。

f:id:evolutor:20130114014256j:plain

Androidはdocomo HT-03A(Android 1.6搭載)の時から使っているのですが、本当最近はカスタムROMが豊富なだけではなくROMの導入も簡単である意味恐ろしいです。

かなりの間コマンドを打ち込んでないので、何かやばい事になったらと思うと・・・。

 

インストールが完了したら自動的に再起動します。

後は普通のAndroid OSのセットアップです。

WiFiGoogleアカウントを設定したらOK。

f:id:evolutor:20130114014602j:plain

 

という訳で、これでインストール完了です。

一応、端末情報でバージョンを確認しておくとこんな感じです。

f:id:evolutor:20130114020927p:plain

 

あと、私はたまーに忘れるのですが、APNの設定をしておきます。

最初からdocomoの設定が入っているのですが、私はb-mobileのSIMを入れているので、APNを新規作成します。

f:id:evolutor:20130114020947p:plain

 

まあ、そんな感じです。

 

ちなみに、デフォルトのホーム画面は至って普通の物です。

今までのROMと何が違っているのかはこれから色々弄って見てみます。

f:id:evolutor:20130114020958p:plain

 

経験上、CyanogenModはナイトリービルドバージョンでも結構安定してるので、暫くこのROMで行こうと思ってます。