Windows7のVMware PlayerにXP Modeを入れてみる | エボログ

Windows7のVMware PlayerにXP Modeを入れてみる

Windows 7でXPのソフトを動かす為に無償で提供されているXP Modeですが、普通にインストールしただけでは、Virtual PCで動かす事しか出来ません。

今回はVMware Playerの「Windows XP モード VM のインポート」という機能を使って、VMware PlayerにXP Modeを入れてみます。

 

まず、作業をする大前提として使用するOSがWindows 7 Professional以上の製品である必要があります。(Home PremiumやStarterではXP Modeのインストールが出来ない)

 

という訳で、まずMicrosoftのサイトからXP Modeに必要なファイルをダウンロードします。

http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx

 

手順通りにダウンロード、インストールを行うだけです。

尚、「2番目にインストール」と「3番目にインストール」の手順ではPCの再起動が要求されます。

f:id:evolutor:20130115210830j:plain

 

ダウンロードが完了したら、VMware Playerのメニューから「Windows XP モード VM のインポート」を選択します。

f:id:evolutor:20130115210956j:plain

 

VMware vCenter Converter Standalone」がPCにインストールされていない場合は、このような警告が出るので、下記からダウンロードしてインストールします。

f:id:evolutor:20130115211308j:plain

 

尚、ダウンロードにはVMwareのアカウントが必要です。

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/info/slug/infrastructure_operations_management/vmware_vcenter_converter_standalone/5_0

 

とりあえず私は最新バージョンの「VMware vCenter Converter Standalone 5.0.1」をインストールしました。

f:id:evolutor:20130115211256j:plain

 

インストールが完了したら、もう一度「Windows XP モード VM のインポート」を選択し、インポートを行います。

f:id:evolutor:20130115211415j:plain

 

インポートが完了したら、XP Modeを直ぐに起動できる状態なのですが、RAMが512MBだったり、CPUのコア数も1コアだったりするので、今回私はRAMを1024MB(1GB)に、CPUを2コアにしました。

f:id:evolutor:20130115211528j:plain

 

準備が整ったら起動します。

今回は一度もXP Modeを起動させない状態で移行を行ったので、XPのセットアップから始まります。

f:id:evolutor:20130115211633j:plain

 

セットアップはタイムゾーンWindows Updateの頻度、ログインパスワード等の設定です。

特に変わった事はありませんでした。

 

XPのセットアップが完了したら、真っ先にVMware toolのインストールを行います。

VMware toolはデフォルトでDドライブ(仮想CD/DVDドライブ)に割り当てられているので、マイコンピュータからDドライブを選択して実行します。

尚、この最中に「新しいハードウェアが見つかりました」といったウインドウが出てきますが、基本的に無視してしまって大丈夫です。

f:id:evolutor:20130115211738j:plain

 

VMware toolのインストールが終わったら再起動を要求されるので、指示に従います。

 

以上でXP Modeの移行が完了です。

f:id:evolutor:20130115211917j:plain