Windowsで隠しファイルを表示させるキーボードショートカットを設定する | エボログ

Windowsで隠しファイルを表示させるキーボードショートカットを設定する

以前、”Macでシステムファイル(隠しファイル)を表示させるキーボードショートカットを設定する“という記事を書きましたが、そのWindows版です。

今回は、キーボードショートカットをMacと同じ物にしたかった為、キーボードショートカットが自由に設定出来る「Hifito」というソフトを紹介します。

[ Hifitoダウンロード ]

Hifitoの設定画面は非常にシンプルで、隠しファイルの表示/非表示切り替えとファイル名変更のショートカットを設定出来ます。
f:id:evolutor:20130128102119j:plain

また、このソフトはバックグラウンドで起動し、起動中はタスクトレイにアイコンが出現します。
f:id:evolutor:20130128102125j:plain

このアイコンを右クリックすることでソフトの操作ができます。
f:id:evolutor:20130128102131j:plain

通常、Windowsだと隠しファイルの表示/非表示を切り替えるには、フォルダーオプションから「表示」タブを押し、下の方にスクロールしていって、チェックボックスをON/OFFするという手間がかかりますが、このHifitoをスタートアッププログラムに登録しておけば、Windows起動直後からキーボードショートカットで隠しファイルの表示/非表示を切り替えられて便利です。

他人にファイルを共有する時にThumbs.dbなどのゴミファイルが無いかどうか探したり、システムファイルを頻繁に変更したりする人におすすめです。