Nexus5にカスタムROM、LiquidSmooth v3.0を焼いてみた | エボログ

Nexus5にカスタムROM、LiquidSmooth v3.0を焼いてみた

今まで、Nexus5ではCyanogenModを使っていたのですが、そろそろ別のカスタムROMも試してみようかと思い、多機能性と快適さが売りのLiquidSmoothを焼いてみました。

名前からしてスムーズそうなカスタムROMです。
ダウンロードはXDAのスレッドから
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2616300

尚、LiquidSmooth v3.0にはGappsやSuperUserアプリが付属してこないので、別途用意しておく必要があります。
私は普段から使っているSuperSUをダウンロードしておきました。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053

ROM焼きにはClockworksModを使いました。
f:id:evolutor:20140205135928j:plain
ダウンロードしてきたLiquidSmooth v3.0を最初に選択し、「Zipを追加」からGappsとSuperSUを追加します。
また、データとキャッシュのワイプは「はい」にしておきます。
基本的に新しくROMを焼く時は必須の設定ですね。

ROM焼き中・・・
f:id:evolutor:20140205114927j:plain

無事焼き終わったので再起動。
起動画面が妙に派手な動きします。
f:id:evolutor:20140205115018j:plain
今まで入れていたCyanogenModが矢印がくるくる回るだけだったので、それと比べると物凄く派手。
と言うか、一般的なブートアニメーションと比較してもかなり派手な動きだと思います。

尚、LiquidSmooth 3.0の言語設定はEnglishしか無いようです。
f:id:evolutor:20140205140503j:plain

端末情報はこんな感じ。
f:id:evolutor:20140205140537j:plain

とりあえず、暫く使ってみて様子を見ようと思います。