中華ガスリボルバー、P-357を分解してみる | エボログ

中華ガスリボルバー、P-357を分解してみる

誕生日プレゼントとして貰った謎の中華製ガスリボルバー、P-357を分解してみました。
f:id:evolutor:20140217234843j:plain

フレームはプラスチックでしたが、トリガー部分は金属パーツで構成されています。
機構も割とシンプルで、それなりに丈夫そう。
f:id:evolutor:20140217234910j:plain

ガスタンクはこんな感じです。
かなり容量少ないですが、これで20発位(2マガジン程)は撃てます。
f:id:evolutor:20140217234906j:plain

ちなみに、ガスチューブの固定は針金でした。
この雑な感じがまた良い・・・。
f:id:evolutor:20140217235934j:plain

チャンバーはこんな感じ。
f:id:evolutor:20140218000638j:plain

面白いのは、BB弾の保持が銅板なんです・・・。
普通、ゴムパッキンを使うはずのパーツですが、このP-357は銅板で弾を保持します。
f:id:evolutor:20140217235219j:plain
f:id:evolutor:20140217235306j:plain
↑銅板に突起がついており、その突起でBB弾を保持しています。

中々面白い銃です。
ただ、弄る余地があまり無いですね・・・。
ガスの放出量上げる位なら出来そうですが、ガスタンクの容量が少ないのがネックに・・・。