DTM2を組み込んだM4の試射に行ってきました(30mシューティング) | エボログ

DTM2を組み込んだM4の試射に行ってきました(30mシューティング)

DTM2を組み込んだM4がとりあえずひと段落したので、早速シューティングに行ってきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用した弾はGallopの0.25g 生分解性バイオBB弾。
このM4自体、0.20g〜0.30gまで割と幅広く飛ばす事ができるセッティングですが、0.25gが最も安定して飛ばす事が出来ます(0.20gだと若干上下のブレが激しく、0.28g以上の重量弾だと少し浮いてしまう)

ターゲットまでの距離はおおよそ30mで、ターゲットは夜な夜な即席で作ったもの。
もともと電動ルーターが入っていた入れ物に東京マルイ製エアーガンにオマケで付いてくる的を貼り付けた物です。
着弾の衝撃や風などで倒れないように錘も入れています。
2015-01-11 02.38.37

という訳で、こんな感じになりました。

若干横風があるため、1ドットほど弾が逸れていますが、とりあえず集弾性は問題無い感じ。
とりあえず、30m先のこのサイズの的を狙える精度があれば十分でしょう。

ちなみに、HOPはかなりフラットに掛けており、弾は1ドット以上浮き上がらないようにしている為、15〜40mは同じゼロイン設定で対応出来ます。
50mはちょっとキツイですが、2〜3ドットほど射角を付けて上げるとソコソコ当たってくれます。