A&K STW HK416Dを弄っていきます(通常電動ガンインナーバレル仕様試作) | エボログ

A&K STW HK416Dを弄っていきます(通常電動ガンインナーバレル仕様試作)

開封〜分解レビューから暫く時間が経ってしまいましたが、フォースターの50% OFFの時に購入した方のA&K STW HK416Dを弄っていきます。

かれこれ3丁のSTWを弄ってきたので、今回は今までやってこなかったものの、気になっていた事にトライしてみる事にしました。

それが、STWのインナーバレルを通常電動ガン仕様に出来ないか?という事。
どういう仕様にすれば良いか、どういうパーツを追加で作る必要があるか?などの構想は現在考え中なのですが、いきなり色々と作り始める前に、まずは「付くか、使えそうか」を判断する為に一番楽な方法で組み込んで見る事にしました。

ぶっちゃけて言うと、さっさと分解されたSTWを組み立てたかったので、「とりあえず手元にある物だけで無理やりやっちゃえ!」的なノリが多いです…。

通常電動ガンインナーバレル仕様試作というか実験

インナーバレルは床に転がっていた20cm程度の中華バレルを、チャンバーパッキンには以前Mチャンバーに取り付けていたものの相性問題が発覚して取り外したメイプルリーフのチャンバーパッキンを使います。

まず、通常電動ガン用のインナーバレルにチャンバーパッキンを取り付け、アルミテープを巻いてSTW純正インナーバレルと同じ太さになるように太さを調節します。

尚、メイプルリーフのチャンバーパッキンはMチャンバーに組み込む為に少し短くしています。

続いて、バレルロックキーをはめる穴を用意する為にHOP窓の中央の直線上に印(線)を付けます。

この線を基準に、バレルロックキーの穴の中央と合わせて印をつけます。

採寸なんて関係無い、単なる力技なので精度なんて今回は気にしません。
とりあえず初速がある程度安定して、弾が出れば良いのです。

バレルロックキー用に付けた印の通りに、アルミテープを切ります。
これでバレルロックキーを差し込めるようになります。

この状態だと、バレルロックキーによって左右のガタツキ・バレルの回転は抑えられますが、前後はブレてしまいますね。

ちゃんとするなら、チャンバーパッキンをもっと短くしておき、アルミテープをもっと後ろ側に巻いた状態にし、ちゃんと『穴』が開けれるようにした方が良いと思います。
まあ今回の試作ではそこまで重要視する所では無いので、これはそのまま放置します。

続いて、バレルロックキーを取り付けるのですが、そのままでは1mmほど飛び出してしまう状態だったので少し削ってちゃんと収まるようにしました。

続いて、HOP部分を組立てていきます。
いつも通り、真鍮棒直押し仕様のSTWのチャンバーにHOPクッションを設けます。
ふだんはでりほっぷに付属する小さなOリングを使っているのですが、今回はDREAM ARMY製のOリングセットの中に入っている小さなOリングを使いました。

お店で見かけた時に「何か丁度よいサイズ感だな…」と思って買ったら割とドンピシャでした。

HOPの突起がしっかり出ている事を確認します。
割と真っ直ぐHOPが飛び出しているので、問題は無さそうです。

※最大HOPの状態で、HOPを最小にすると少しだけ突起が出た状態になります。

これで一旦インナーバレルの組み立ては完成。

最後にインナーバレルの先端にガタ取り用のアルミテープを巻いて、アウターバレルに入る事を確認します。

ギアボックスの組み立てとモーターの調整

続いて、ギアボックスを組み立てていきます。
DSG化もバリューキットの組み込みもするつもりは無いので、普通に組み立てていきます。

今回の個体は今までの個体に比べてギアボックス内部のクリアランスがかなり広く、トレポン方式のギアボックスとは思えない程のシムを使いました。

上の写真の通り、プラネタリーギアのシムを2枚にしていますし、ベベルギアに至っては前後合わせて1mmもシムを入れてます。

あとこれ、サンギアのシャフトなんですが、鉄棒が適当にぶった切られてるせいで断面が斜めになっていました。

これぞ本中華クオリティ。

ちなみに、ありとあらゆるパーツが傷らだらけなのは仕様です。
ぶっちゃけ、同社製の通常電動ガンよりもパーツのクオリティは低い気がします…。

また、モーターもSTW純正を使うのですが、少し弄ります。

まず、ブラシをマイトリーで販売してある安いシルバーブラシに交換、樹脂ネジとブラシスプリングをSYSTEMA純正に変えておきました。(STW純正の樹脂ネジはよく折れるので…)

こちらのシルバーブラシは1セット840円と非常に安いのが特徴で、以前LONEX A5に組み込んでいます。

まだ色々検証は終わっていないのですが、何個か買っておいたのでこちらにも組み込んでみます。

後は暫く慣らし運転を行います。

慣らしが終わったら一旦ギアボックスをロアレシーバーに入れて、モーターを取り付けて動作テスト用のスイッチを繋いで回してみます。

正しく回るか、ギアノイズはどの程度か?等を確認し、あまりに酷いようだったらシムの再調整をするのですが、今回は許容範囲内に収まっていたのでとりあえずこのまま作業を進めます。

再度ギアボックスを取り出し、トリガーやセレクターレバー、基盤等を組み込んでいきます。

トリガーは純正ですが、トリガースプリングをちゅんちゅん工房のチュプリングに変えています。

また、色々と難ありのSTW HK416のセレクターレバーですが、今回の個体は崩壊していなかったのでこのまま使う事にしました。

「傷だらけじゃん!歯欠けてるじゃん!」と思うかもしれませんが、以前買った個体に比べると全然マシです。

↑以前購入した個体のセレクターレバー(箱出し状態)

ただし、以前買った個体も同様の問題を抱えていたのですが、そのままだとセレクターレバーをSAFEの位置にした時に斜めになってしまいます。

※赤線がギアボックスとの水平、青線がセレクターレバーの傾き

これはそもそもセレクターレバーに彫られている溝の位置が合っていない事に起因する問題なので、根本的な解決策としては『セレクターレバーを交換する』しか無いのですが、今回はセレクターラック(GB-022)を削って調節する事にしました。

これによってある程度、傾きは緩和されました。
尚、削りすぎると検知スイッチがちゃんと押されなかったりするトラブルにも繋がるので、要注意です。

※赤線がギアボックスとの水平、青線がセレクターレバーの傾き

まあ、これをやった所でセミやフルの位置は結局ズレるんですがね…。
あと、例のごとく純正のセレクタークリックボールは小さすぎるのでSYSTEMA純正に変えています。

最後にモーターを取り付け、配線の長さを調節します。
STW純正の配線は長すぎて逆に邪魔なのでちょっと短くしつつ、コネクタを金メッキが施されている物に変えました。

一旦この状態で動作テストを行い、大丈夫そうだったので他のパーツを組み込んでいきます。
尚、ストックチューブキャップのOリングは片方が裂けていたのと、2個入れた状態だとキツ過ぎたので、裂けていた方を外しました。

ピストンASSYの組み立て

ピストンASSYに関しては、純正のピストンヘッドのOリングが大きすぎてピストンの動きを阻害しているような状態だったので、今回はFRUS-Oリングに交換します。

というか、問題無くても3袋も在庫抱えている状態なので、使うつもりでいました。

グリスアップして組み立てて動作検証を行った所、かなりノズルとシリンダーヘッドの間からエアーが漏れている事が判明
箱出し状態の初速が不安定だったのはこれが原因かな?と思いました。

とりあえず、シリンダーヘッドとノズルの間の溝に、Oリングを取り付けて気密を取る事にしました。

尚、これは今までブログでは紹介していなかったのですが、STWのシリンダーヘッドとノズルの間には実はOリングを入れる為の溝が用意されています。

この溝にOリングを入れる事で、ノズルとシリンダーヘッドの隙間が埋まるので気密が取れます。

ちなみに、このOリングが最初から入っているか入っていないかは運次第みたいで、入っている個体もあれば入っていない個体もあるようです。

Oリングが入っている個体では確かに気密は取れるものの、Oリングの大きさが合っておらずノズルの動きを阻害している場合があるので、要調製だったりします。
給弾不良だったり二重給弾だったり、ノズルの閉鎖不良だったりを起こす場合はこのOリングが悪さをしている事があります。

逆にOリングが入っていない個体でも気密漏れが起きない事があり、謎です。
今回はエア漏れが発生していた個体なので、Oリングを入れる事にしました。

シリンダーの気密が取れたら、とりあえず加速シリンダーにする為に穴を開けました。

調整結果

初速は0.20gで最大86m/s後半で安定(HOPを少し強めにかけた状態)。
HOPを弱くすると79m/sまで低下しますし、銃口を塞いだ状態で撃った際のエア漏れも殆ど無いので、気密は問題無さそうです。

初速が低いのは単にピストンスプリングやシリンダー容量とインナーバレルの長さが合っていない事による物なので今回は気にしません。
他にも色々手を加えようと思っているので、その時にまた調整を行います。

とりあえずこれでA&K STW HK416Dの組み立てと、通常電動ガンインナーバレルの試作・検証は完了です。

通常電動ガンのインナーバレル化は割と普通に出来そうだったので、これからちゃんとしたパーツを作っていこうと思います。

完成次第、作り方を紹介するつもりです。
※そんなに大それた工作はしなくても行けそうな気がしてます。