【実物】Knight’s Armament製 ワンピースマウントリング(30mm)のレビュー | エボログ

【実物】Knight’s Armament製 ワンピースマウントリング(30mm)のレビュー

2019年7月11日

つぼみトレードカンパニー様からのご依頼で、Knight’s Armament製 ワンピースマウントリング(30mm)のレビューを行っていきます。

色々な光学サイトを扱ってきたつぼみトレードカンパニー様ですが、Knight’s Armament社との正規契約によってこのようなパーツも取り扱う事が出来るようになったそうです。

こちらの製品には取扱説明書が付属、マウントリングの取り付け方法が記載されています。

また、説明書に書いてある通りネジはインチ規格になります。
今回レビューする製品のネジは3/32インチの六角レンチが必要になるので、ご注意下さい。

実物パーツを触り始めるとインチネジによく遭遇するので、こういった工具セットを持っておくと何かと便利です。

という訳で、こちらがマウントリング本体です。
前後のリングがくっついている「ワンピースマウントリング」と呼ばれる形状のマウントリングになります。
また、前側に少し突き出る形になっているので、オフセットマウントリングにもなっていますね。

ナイツのこの形状のマウントリングは昔からレプリカが数多く出ているので、知っている人も多いのでは無いでしょうか?
米軍でも採用されているタイプですね。

20mmのピカティニーレールに対応しており、取付時はノブを回して締め込むタイプです。

マウントベース下部にはナイツの刻印と、どちらが前方向かを示す為の刻印が入っています。

リング部分はこんな感じ。
4本ずつの六角ネジ(ネジ頭は3/32インチ)で固定されています。

マウントリングの高さとしては、AR15系アイアンサイトとほぼ同じ位置にスコープの中心が来ます。
構えた時に自然な感じになるので、この高さは結構良いですね。

では、マウントリングにスコープを取り付けていきます。
尚、ネジロック等は施されておらず、ネジは簡単に外す事が出来ます。

とりあえずショートスコープを載せてみました。
個人的にはこのマウントリングだとショートスコープとの相性が良い気がしています。
もちろん、ライフルスコープでも違和感は無いでしょうけど。

尚、マウントリングには若干の隙間が生じますが、これは仕様です。
無理に隙間を埋めようとして締め込まないようご注意下さい。
最悪の場合スコープのチューブが変形します。

という訳で、「ナイツのワンピースマウントリングといえばコレ!」と言えるような、王道製品の紹介は以上になります。