高機能なライフル用ソフトケース、RED ROCK Single Rifle Caseのレビュー | エボログ

高機能なライフル用ソフトケース、RED ROCK Single Rifle Caseのレビュー

2019年11月26日

RED ROCK製のやたらと高機能なライフル用ソフトケース『RED ROCK Single Rifle Case』を購入しました。

こちらは元々つぼみトレードカンパニー様よりレビュー用としてお借りしたのですが、色々と事情がありそのまま返却する事になりました。
しかし、この機能性に割と感動し、個人的に使いたかったのでそのまま買い取らせて頂きました。

ちなみに、最近つぼみアームズ様のTwitterで購入希望者を募っている製品と同じブランドの物になります。

という訳で、こちらが『RED ROCK Single Rifle Case』です。
色はTAN。

見た感じ至って普通のライフルケースなのですが、中々色々面白い機能があるんです…。

まず、ケースの左右に3列x5行のMOLLEウェビングが付いており、ポーチ類を増設する事が可能です。
ユーティリティポーチなどを付けることによって、小物入れを増やす事が出来ます。

肩がけ用の紐はケースの裏面と表面に付いているDリングに固定されています。
このDリングが裏面と表面に付いている事によって肩がけした時のバランスが凄く良くなります。

色々な種類のガンケースを使った事がある人は1度くらいは経験があると思うのですが、片側のみに紐が付いていると、銃を入れた重みによって大きくガンケースが傾いてしまいます。

青いのが紐、灰色がガンケース、赤が銃

このまま担ぐとどうしてもガンケースが体にぶつかって歩き辛くなってしまいます。
まあ、ガンケースだけじゃなくて普通のカバンとかでもそうなんですが…。

紐を前側と後ろ側でクロスさせる事によって、これが大幅に低減され、バランスが取れるようになります。

青いのが紐、灰色がガンケース、赤が銃

私がソフトケースを選ぶ時は絶対にこのDリングの位置を重要視します。

更に、このガンケースはリュックのような感じで背負う為の紐も付いており、ケース裏面にジッパーを開けるとこの紐が出てきます。
用途に応じて適切な使い方を選ぶ事が可能です。

当然ながら、このポケットに物を入れる事も可能です。
というか、MP5KとかMP7みたいな短い銃なら余裕で入りますし、ストックを縮めた状態のSIG MCXを入れる事も可能です。

ガンケースには大きく2つの収納スペースがあり、小さい方の収納スペースはこんな感じ。
こちらの内側にもMOLLEウェビングが付いており、ポーチを増設する事で小物の整理が可能になっています。

例えばマガジンポーチやユーティリティなどを配置する事で、マガジンやBB弾、工具などを整理して収納する事が可能です。
移動中ゴソゴソ中で動かないようにする事が出来る訳です。

また、この小さい方の収納スペースには2つの大きなポケットもあり、ここに小物を入れる事が可能となっていますし、このポケットの部分はベルクロ(メス)になっています。

プレキャリなどに付けるベルクロ固定のフラップパネルを貼り付けておいたり、パッチなどを貼り付けておく事が可能ですね。

尚、この収納スペースの幅は約65cm。
SIG MCXが丁度入ります。

続いて、大きい方の収納スペースです。
上記で「ここにも、ここにも銃が入る」という感じで紹介してますが、『Single Rifle Case』という商品名なので、本来はここにのみライフルを入れるはずです。

収納したライフルを固定する為のベルクロテープが2本付いています。
このテープはガンケース本体に縫い付けられています。

銃(AK)を収納するとこんな感じで、90cm程度の長さであれば普通に入ります。
また、銃を衝撃から守る為に銃をコの字に囲うように厚みのある壁が設けられている他、銃口とストック側をポケットに入れる事で銃の安定感が増しています。

こんなにガッチリ銃をホールドしてくれるソフトケースって初めてみました。

ちなみに、かなり強引ですが、もう一丁入れる事も出来ます。

私は普段サバイバルゲームに持っていく時はこういう風にして長物を入れています。(傷防止の為に銃と銃の間にタオルを1枚挟んでます)

ちなみに、ここにもジッパーが2つ付いており、小物を入れる事が可能です。
至れり尽くせりですね。

購入させて頂いてからはずっとこのガンケースを使っており、使い勝手の良さと耐久性の高さを実感しています。