エボログ

HAO製SYSTEMA INFINITY用強化セレクター連結ギアとBADタイプアンビセレクターレバーを買ってみた

記事作成日:2022年2月8日

HAOからSYSTEMA INFINITY用のカスタムパーツが続々登場していっているのですが、今回は強化セレクター連結ギア(PTW Infinity selector reinforced super connector)とBADタイプアンビセレクターレバーを購入しました。

HAO PTW Infinity selector reinforced super connectorはこんな感じで、連結ギアとプランジャー用のスプリングのセットになります。

プランジャー用のスプリングは純正よりも硬いのかな?ちょっと分からないですが、結構固めのスプリングです。(SYSTEMA純正もプランジャースプリングはそこそこ硬い)

連結ギアは削り出しで作られており、SYSTEMA INFINITYのプロトタイプ版(メカボックスなどのパーツが削り出しで作られていた奴)を再現したような仕様となっています。

HAOBADタイプアンビセレクターレバーはこんな感じで、従来のSYSTEMA PTWとは互換性が無くなったINFINITYのセレクターレバーに適合する仕様となっています。
セレクターレバーは左側用が長く、右側用が短い仕様となっています。
今回購入したのは黒色ですが、他に赤や黄色などのカラーバリエーションが存在します。

という訳で、これらのパーツを組み込んでいきます。
プランジャースプリングを交換しない場合はテイクダウンして連結ギアを抑える為のパーツとセレクターレバーを外すだけで済むので簡単に交換を行う事が可能です。
今回はプランジャースプリングの交換はせずに、連結ギアとセレクターレバーのみ交換するのでこれらのパーツを外します。

SYSTEMA純正の連結ギアと比較するとこんな感じ。

左がSYSTEMA純正、右がHAO

SYSTEMA純正はプロトタイプの頃はアルミ?ステンレス?削り出しのような見た目をしているのですが、製品版ではステンレス?と思われる板を曲げて作られている事からアンビ側のセレクターレバーを使った際に歪んでしまったり、そもそもシャフト部が円形になっておらずスムーズに回転しない問題がありました。

SYSTEMA純正
HAO製

という訳で、HAOの連結ギアの表面に軽くグリスを塗布して組み込みます。

連結ギアを抑える為のパーツに貼っていたテープはHAOの連結ギアを組む場合は不要になるので、剥がします。
SYSTEMA純正の連結ギアはこのテープが無いと回ってくれなかったんですよね…。

後はセレクターレバーを取り付けるだけです。
取り付け方法は純正のセレクターレバーと同じです。

これで今までフニャフニャで使うのが怖かったアンビセレクターレバーを問題なく使う事が出来るようになりました。
GBBみたいにガッチリした感じでは無いものの、少なくとも従来のSYSTEMA PTWのアンビセレクターレバーよりかはガッチリしています。

見栄えもいい感じです。