SIMフリー版のGalaxy NexusにUbuntu Phone OSをインストールしてみる | エボログ

SIMフリー版のGalaxy NexusにUbuntu Phone OSをインストールしてみる

この間、開発者向けにリリースされたUbuntu Phone OSですがNexusデバイスで使用可能なので、Galaxy Nexusにインストールしてみました。
私の場合は既にブートローダーアンロックやCMWの導入を行なっているので、公式サイトからROMデータをダウンロードしてきて、インストールするだけでした。

http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-touch-preview/quantal/mwc-demo/

ダウンロードしたのは下記ファイル

/quantal-preinstalled-armel+maguro.zip
/quantal-preinstalled-phablet-armhf.zip
f:id:evolutor:20130227175142j:plain

まず、これらのファイルをSDカード直下にコピーしておきます。
調べた所、どうやらAndroidで使っているdataディレクトリは弄られないようなのですが、念のためSDカード直下にコピーしておきます。
f:id:evolutor:20130227175150j:plain

そしたら、リカバリーモードでリブートをかけます。
f:id:evolutor:20130227175157j:plain

ClockworkMod Recoveryが立ち上がったらまず、”wipe cache partition”を実行します。
f:id:evolutor:20130227171810j:plain

キャッシュのワイプが完了したらZIPをインストールします。
f:id:evolutor:20130227171858j:plain

まず、端末固有のイメージファイルである”quantal-preinstalled-armel+maguro.zip”をインストールします。
f:id:evolutor:20130227171953j:plain

続いて共通イメージである”uantal-preinstalled-phablet-armhf.zip”をインストールします。
f:id:evolutor:20130227172133j:plain

インストールが完了したら、リブートします。
f:id:evolutor:20130227172859j:plain

どうやら、Ubuntu Phone OSはブートアニメーションが内容で、再起動後は暫く真っ黒な画面が続きます。

Googleロゴ → 画面暗転(数十秒~1分程度) → OS起動完了

といった感じです。
起動直後はこんな感じ。
f:id:evolutor:20130227172957j:plain

ロクに事前調査してなかったので最初、どうやってロック解除するんだろう・・・って思ったのですが、画面右端からスワイプしてあげるとロック解除出来ました。
f:id:evolutor:20130227173029j:plain

という訳で、Ubuntu Phone OSのインストールは完了です。
軽く触ってみた感じではソコソコ快適に動作しています。

暫くはUbuntu Phone OSを使ってみようと思います。