ビクトリーショーで自称リューポルドのスコープ買ってきた | エボログ

ビクトリーショーで自称リューポルドのスコープ買ってきた

7月7日に開催されたビクトリーショーで自称リューポルドのスコープを買って来ました。
何故「自称」なのかというと、本体に「LEUPOLD」の刻印があるものの、フォントが若干違うし、値段も7800円と破格だったのと、海外サイトで80ドルとかで全く同じ商品がレプリカとして販売さてるのを見かけたので、パチブランドだなと判断しました。(パッケージにもリューポルドのロゴとか無かったしね・・・)
f:id:evolutor:20130707140606j:plain

本体はこんな感じ。
中々のクオリティ。
f:id:evolutor:20130707140639j:plain

パッケージは普通の赤レーザーが印刷されてますが、中身はクラス3Aのグリーンレーザー。
f:id:evolutor:20130707140731j:plain

確かクラス3Aって、玩具としての国内製造、輸入、販売が禁止されてなかったっけ・・・。
(まあ、未だにヤフオクとかAmazonとか、ネットだと普通に買えるしなぁ)
f:id:evolutor:20130707233946j:plain

レティクルはこんな感じ。
32mmのレンズですが、結構明るく、見やすいです。
f:id:evolutor:20130707140805j:plain

赤と緑のイルミネーションがぞれぞれ5段階で調整出来ます。
イルミネーション点灯時は中央のクロスヘッドが光ります。
f:id:evolutor:20130707140813j:plain
f:id:evolutor:20130707140821j:plain

APS UARに取り付けてみた。
うん。良い感じ。
f:id:evolutor:20130707140916j:plain

しかし、グリーンレーザー半端ないね。
これはあかん奴や。
f:id:evolutor:20130707210440j:plain

幸いな事に、このレーザーサイトはスコープ本体に六角ネジで固定されてるだけなので、取り外し可能です。
実際にサバゲーとかで使う時は取り外さないと色々問題になるので、注意が必要ですね。

いやー、しかしグリーンレーザー面白い。