ARES M4CCRでピストンスプリングの交換を簡単にする | エボログ

ARES M4CCRでピストンスプリングの交換を簡単にする

ARES M4CCRは海外製電動ガンでよく見られるメカボックスを分解せずにピストンスプリングを取り外す事が出来る機構になっています。
しかし、メカボックスをフレームに組み込んだ状態だとフレームが干渉してスプリングガイドが取り外せないのです。
f:id:evolutor:20140115014815j:plain

そこで、干渉している部分をガッツリ削りました。
ARESのフレームは見た目よりかなりガッチリしてるので多少削っても何の支障もないです。
f:id:evolutor:20140115015523j:plain

これでフレームからメカボックスを取り外さなくてもスプリングの交換が可能になりました。
と言っても、一度セッティングしちゃったらそうコロコロ変えるものでは無いんですがね・・・。