LayLaxの新型バレル、DELTA STRIKE BARRELを購入 | エボログ

LayLaxの新型バレル、DELTA STRIKE BARRELを購入

LayLaxの新型バレル、DELTA STRILE BARRELを購入しました。
275.5mmの物を購入しましたが、とりあえず試験的に買った事もあって長さは適当です。
特にどの銃に組みたいという訳でも無いので長すぎず短すぎずな感じの物をチョイス。
f:id:evolutor:20140315184837j:plain

今までLayLaxは6.03mmのタイトバレルしか出していませんでしたが、今回の新型バレルは6.20mmと超ルーズなバレルです。
今まで飛距離や命中精度を伸ばすカスタムとしてタイトバレルを用いるものが多かったですが、最近は流速チューンが流行ってきた事もあって硬いバネ入れてルーズバレル入れて流速効果を出して飛距離伸ばすチューニングが増えてきてますからね。
多分そういう経緯でルーズバレルを作ったのでは無いでしょうか。

私が購入したのは初回限定バージョンで、ストレートチャンバーパッキン(パッキンに突起が無い所謂スリックパッキンです)が付属してきました。
f:id:evolutor:20140315184851j:plain

という訳で、こちらがDELTA STRILE BARREL。
材質は真鍮製で、「DELTA STRILE BARREL」のシールが貼られています。
シールは普通の紙シールなので、シール剥がしとか使わないと綺麗に剥がせないと思います。(試してませんが・・・)
f:id:evolutor:20140315185004j:plain

チャンバー部はこんな感じ。
HOP窓がかなり大きく作られており、マルイ純正の倍近くあります。
これも流速チューンでよく大きな面パッキンが使われる為でしょうか。
ちなみに、ライラクス純正の面パッキンや2点長掛けパッキンがピッタリ合うサイズです。
f:id:evolutor:20140315185030j:plain

ちなみに、HOP窓の部分は引っこ抜けば簡単に外れます。
f:id:evolutor:20140315185750j:plain

ちなみにDELTA STRILE BARRELはマルイ純正のバレルであるチャンバーパッキンを固定する為の溝が掘られていません。
その為、マルイ互換で売られているパッキンは加工しないと取り付けられない可能性があります。
f:id:evolutor:20140315185203j:plain

という訳で、早速組み込み。
今回はとりあえずWE KATANA M4A1に組み込んでみる事にしました。
f:id:evolutor:20140220205102j:plain

このWE KATANAにはRA-TECH製の6.01mmバレル(長さ275mm)と辛口なまこパッキンが入っています。
押しゴムはバトンの流速面パッキンに付属してくる面タイプの押しゴムです。
シリンダーは純正の青色の物(M90)が入っています。

G&G 0.20g弾での初速がこんな所。
f:id:evolutor:20140315193605j:plain

そして、そのままバレルを今回購入したDELTA STRILE BARRELに、パッキンを付属のストレートチャンバーパッキンに、押しゴムをLayLaxの二点長掛けの硬い方(黒いやつ)に変更してみました。
尚、気密向上、グラつき防止の為にバレルにシールテープを1重に巻いています。
f:id:evolutor:20140315190227j:plain

このセッティングでの初速がこんな感じ。
f:id:evolutor:20140315193041j:plain

97MPS→78MPSと初速が20MPSも下がりました。
6.01mmという超タイトバレルから6.20mmという超ルーズバレルになった訳ですからね。
ほぼ同じバレル長なら初速落ちるのも当然です。
(RA-TECHが275mmで、DELTA STRILE BARRELが275.5mm)

とりあえず、次は普通の電動ガンに組み込んでテストしてみるつもりです。
WE KATANAはシリンダーが完全に独自なので、調整出来ないですからね・・・。