ELECOM Bluetoothレシーバー LBT-PAR500AVBKを購入 | エボログ

ELECOM Bluetoothレシーバー LBT-PAR500AVBKを購入

ELECOMのBluetoothレシーバー、LBT-PAR500AVBKを購入しました。

Bluetoothレシーバーは、LigitechのLBT-AVAR300BKにつづいて2台目になります。
2_1

内容物はLBT-PAR500AVBK本体と充電用のMicroUSBケーブル、取扱説明書です。
0_1

電源とホールドの機能はスイッチで行います。
緑色の塗装が見えたらその機能が有効になっている状態です。
1_1

個人的にホールドスイッチと電源スイッチが隣り合わせになってる事もあり、よく誤爆します。
ホールド解除しようと思って電源OFFにしちゃったり・・・。

電源は長押しとかにして欲しかった。

反対側には次の曲へと前の曲へ移動するボタンと音量ダイアルがあります。
音量ダイアルは360度クルクル回るタイプではなく、上下に動かすタイプです。
それなりに硬いのと、奥まで押し込まないと反応しないです。
4_1

クリップはかなり大きめですが、素材が樹脂なので、あまり力をかけると直ぐ折れるような気がします。
クリップの下側にBluetoothのペアリングボタンがあります。

充電中は赤いランプが点灯します。
Bluetooth接続中は、青色のランプが点滅します。(Bluetooth通信時に光る感じ)
5_1
個人的にこの光方は好みですね。
ボリュームダイアルの光沢に反射していい感じです。

ちなみに、このBluetoothレシーバーはiOSに接続するとステータスバーからバッテリー残量が確認できるようになっています。
6
これはかなり便利。
LBT-AVAR300BKの時は気がついたらバッテリー切れになって結局スマホにイヤホン直挿しにして使うという事が結構あったので。

尚、音質に関してはLBT-AVAR300BKとそこまで大きな差は無いと思いました。
まあ、音質目当てでBluetoothレシーバー買ってる訳ではないので・・・。

ちなみに、ノイズはLBT-AVAR300BKに比べるとかなり抑えられていると思います。

通話の品質も十分実用範囲だったのでとりあえず満足。
暫く使ってみてバッテリーの持ち具合を検証していこうと思います。