iPhone 6 Plusを予約注文しました | エボログ

iPhone 6 Plusを予約注文しました

本日予約が開始された国内SIM Free版iPhone 6 Plusの128GBをApple Online Storeで予約注文しました。
IMG_5918

今回、私が4.7インチのiPhone 6ではなく5.5インチのiPhone 6 Plusを購入する事にした理由は下記の通り。

1) 4.7インチという大きさは中途半端過ぎる

画面サイズの好みは人それぞれだと思います。
個人的に4.7インチという画面サイズは「片手で使うには大きすぎるし、両手で使うには小さすぎる」という中途半端なサイズだと思います。
アメリカ人のような手の大きい人達は十分片手で使うことも出来るのだと思いますが、私は手が小さいので4.7インチの画面は大きすぎます。
と言うか、4インチですら大きく、3.5インチが丁度いい位です。

また、iPhone 6の横幅は67mmあります。
Screenshot_1

今まで色々なスマホを触ってきましたが、個人的にスマホを片手でホールド出来る横幅の限界は65mmだと思っています。
それ以上幅があると私は片手でホールド出来ません。
しかし、横幅77.8mm(80mm相当)になるとそもそも片手でホールドするという事を諦められます。
故にタブレットのような感じで、両手操作が大前提として使えます。(ただの意識の問題)

2) iPad代わりに便利そう

私は以前、iPadやiPad miniを持っていた事がありました。
しかし、タブレットは私からすると大きすぎて持ち運びに不便だし、出先で手に持って使うには重すぎました。
また、iPad miniの場合、両手でソフトウェアキーボードをブラインドタッチするには小さすぎるし、両手でホールドして親指を使ってキーを打つには大きすぎました。
その為、購入して1年も使わない間に中古に売りに出していたのですが、今回出たiPhone 6 Plusはこの問題を解消できていると思います。

Screenshot_2
5.5インチの画面サイズであれば両手でホールドして親指での文字入力が比較的やりやすいです。
ランドスケープでもポートレートでも、親指での文字入力が出来るのではないかと思っています。
こればかりは実際に実物を触ってみないと何とも言えませんが・・・。

3) 音楽プレイヤー(iPod)や写真ビューアとして有効活用出来る

iPhone 6 Plusは画面サイズが大きいです。
そして、今回私が購入したのは128GBのモデルです。

これだけの容量があれば音楽も写真沢山入りますし、写真に関してはより見やすくなります。
たまに友人に写真を見せたりする事があるので、写真が見やすくなるのはメリットだと思います。

また、私は最近リモコン付きのBluetoothレシーバー経由で音楽を聞く事が多いので、iPhone 6 Plusをバッグの中に入れておいて、Bluetoothで音楽を聞くという用途が出来ます。

4) ぶっちゃけ今回のiPhoneには魅力を感じないので本命は別にある

ぶっちゃけ、こういう事です。
今回のiPhoneには個人的に魅力が感じられません。

なので、今回ばかりはメイン端末をAndroidに変えようと思っています。
それが9月末発売予定のXperia Z3 Compactです。
sony-xperia-z3-compact

ただ、Androidのスマホをメインにする最大の問題点は「Macと同期できない」という事。
今までも何度もAndroid端末をメイン機として使おうと試してはみたものの、結局「Macと同期出来ない」というのがネックになり、結局iPhoneに戻したという経緯があります。
音楽や動画、写真をiTunesやiPhoto等のMacアプリで管理している私はこの問題点がかなりネックなのです・・・(Android用の同期ソフトだと機能が不十分)

それを解決する為のiPhone 6 Plusです。
MacのiTunesやiPhotoのデータはiPhone 6 Plusに取り込み、電話やメール、ネット、SNS等はAndroidで行う。
もちろん、iPhone 6 PlusにもSIM(データ専用だが)を刺すので、メールやネット、SNSが出来ますが、あくまでAndroidの予備として使う事になります。

iPhone 6 Plusはバッテリーの持ち時間も長いですし、予備機としてはかなり使い勝手の良い端末じゃないかと思っています。

とりあえず、iPhone 6 Plusが届くのが楽しみです。