マルイコン電MP7A1に2点長がけHOPを組んでみた | エボログ

マルイコン電MP7A1に2点長がけHOPを組んでみた

コン電は、弄ると中々面白いです。
よくこんな小さいメカボックスでここまで性能を出せるなと。

という訳で、半年位前に弄ったマルイのコンパクト電動ガン、MP7A1のメンテナンスついでに2点長がけHOPを組んでみる事にしました。
01_014e76d7c1bf2a9d88b2e7060c4e8bbf92f1986f83_1

とりあえず、ノーメンテで2000発近く撃ったメカボを開けてみる。
グリスは結構汚れますが、損傷は全く無い感じ。
きれいなものです。
02_0172e4efb99541a262e0f66e1a86c5d19429b88602_1

ちなみに、シリンダーと軸受けはライラクス、ピストンスプリングとスプリングガイドはPDI製に換装しています。
それ以外はノーマル。

これといって手直しする箇所もなかったので、グリスを塗りなおして閉じました。
03_016fe79bd384913065159cce952f216ecdb81325f9_1

続いて、2点長がけHOPにする為にチャンバーパッキンを加工します。
マルイ純正パッキンを裏返して、突起をカッターナイフとルーターを使って削ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、長く愛用しているライラクスの2点長がけ押しゴム(HOPテンショナーブリッジタイプ)を使います。
ちょうど余っていた黒色を使用。(できれば柔らかい青色が良かったのだが・・・)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを写真のようにカットします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、接着剤で固定。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを組み込むとこんな感じになります。
かなり大きく飛び出すので、恐らく0.20gだと鬼HOPになると思われます。
また、HOPを最大にすると弾づまりを起こしてしまう可能性が高いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、これで組み込んでみます。
後は外で撃ってみてどうなるのかという感じですね。

ちなみに、このコン電MP7A1は自作のマイクロスイッチトリガーとFETを組み込んでいるのですが、そのおかげでメカボックスの取り外しが大分楽になってます。
本来、ヒューズが取り付けられている所にマイクロT時コネクタとFETがあり、T時コネクタを抜くとそのままメカボックスが引っこ抜ける感じです。
09_011d23dc29ebc65e64ede695250ea8bbb1541fb532_1

我ながら割りと上手く出来てると思う。