新型バイオBB弾 Gallop(ギャロップ) 0.28g弾レビュー | エボログ

新型バイオBB弾 Gallop(ギャロップ) 0.28g弾レビュー

サバイバルゲームフィールド yaNex様からサンプル品のギャロップ 0.28g バイオBB弾を頂いたので、レビュー記事を書いてみます。
ちなみに、ギャロップ弾自体は2ヶ月程前から貰っていたのですが、ようやく先日、情報解禁になったようなので今のタイミングで記事にします。

というわけで、これがギャロップ 0.28g弾。
サンプル品なので、パッケージはあっさりした感じですが、先日見させてもらった製品版のパッケージはかなりしっかりした物でした。(製品版の写真はありません・・・)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、この弾は今後サバイバルゲームフィールド yaNex様でも取り扱うようで、価格は現在受け付けで販売しているG&Gの弾より安くなるそうです。
こちらで、0.20g弾のレビューも書いています。

今回の検証に使用した銃は2丁あり、1つ目が0.20〜0.25gに最適化された通常電動ガンのM4です。
重量弾には対応させていない為、この銃で0.28g弾を使うと50m付近の弾道はドロップ気味になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Gallop(ギャロップ) 0.28gバイオBB弾 検証動画(電動ガン)

2つ目に使用した銃は流速チューンのボルトアクションライフルで、0.28g〜0.33gの重量弾で50m狙えるセッティングにしています。
中華製ボルトアクションライフルの「MB-02」という機種で、東京マルイ VSR-10のコピー品になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Gallop(ギャロップ) 0.28gバイオBB弾 検証動画(ボルトアクションライフル)

撃ってみた感じはG&Gの当たりロット(初期ロットとか)に非常に近い精度を持っており、HOP回転が安定してるせいか左右のブレが少ない感じがしました。
初期ロットではありますが、これだけ高い精度が出せているのであれば非常に期待出来る弾ですね。

今後、第二、第三ロットと進んでいった時にどこまでこの品質が維持できるのかが気になる所です。

また、袋から適当に20発掴んで、弾の重量を計測してみた所、最低が0.281g、最高が0.287gと、0.006gの誤差でした。
G&Gの現状ロットだと0.01g程度の誤差があるので、それと比較すると半分の誤差に収まっていました。
IMG_0445

とりあえず、販売が開始されたら0.20g、0.25g、0.28g、0.30gと一通りバリエーションを購入して試してみようと思います。