ASG CZ SCORPION EVO3 A1のチャージングハンドルをちゃんと使えるようにしました | エボログ

ASG CZ SCORPION EVO3 A1のチャージングハンドルをちゃんと使えるようにしました

ASG CZ SCORPION EVO3 A1のチャージングハンドルは何か不思議な挙動をします。
わざとそのように実装しているのだと思うのですが、常にボルトストップがかかった状態で保持されます。

チャージングハンドルを引く
 ↓
ボルトストップがかかる
 ↓
チャージングハンドルが戻らない

という感じなので、すごく違和感があるんですよね。
チャージングハンドルを引けば常にダミーボルトが開いている状態で保持されるのでHOP調整の時は便利だと思うのですが・・・。

原因はダミーボルトに付いているこの突起。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この突起部分がボルトリリースレバーと干渉し、ボルトリリースレバーを押し下げるまでホールドオープン状態を保持してしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なので、突起を切り落としてしまいます。
これでボルトリリースレバーと干渉する部分が無くなるので、チャージングハンドルの動作が至って普通のエアーガンと同じような感じになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけで、実際のどうさがこれ。
普通の動きになってると思います。

HOP調整の時にホールドオープン状態を保持したければ、MP5のような感じでチャージングハンドルをスロットに引っ掛けて保持してやればいいだけですし。


CZ EVO3A1 Scorpionレビュー記事一覧へ