Apple Watch SportをWatch OS 1.0.1にアップデート | エボログ

Apple Watch SportをWatch OS 1.0.1にアップデート

初となるOSアップデートが提供されたApple Watchですが、アップデートしてみました。

アップデートされるバージョンは1.0.1。
バージョン数から察するに、マイナーアップデートですね。
IMG_1014

詳しいアップデート内容はこんな感じ。
IMG_1017

アップデートのファイルサイズは51.5MBと、一般的なiOSアップデートに比べると少ないファイルサイズです(そりゃOSの規模的にそうなるが・・・)
アップデートファイルのダウンロードに掛かった時間は10分程でした。
IMG_1016

尚、ダウンロードまでは普通に行えるのですが、実際のアップデートはApple Watchが充電器に繋がれており尚且つバッテリー残量が50%以上である必要があります。
もちろん、iPhoneとペアリングされてる必要もあります。
IMG_1019

アップデートが待機された状態でApple Watchを充電器に接続し、バッテリー残量が50%以上になったらApple Watchの画面上にこのような表示がされ、自動的にアップデートが行われます。
IMG_1025

30秒待つか、下部のインストールボタンをタップするとiPhone側の表示も「Apple Watchにインストール中…」に変わります。
IMG_1026

Apple Watch側の画面にはリンゴロゴの周囲にインジケーターがある表示。
インジケーターが全て埋まるとアップデート完了です。
IMG_1029

アップデート中にiPhoneとのペアリングが切れたりしたらどうなるんだろう・・・。
Apple WatchにはiOSにあるDFUモードのような機能は無さそうなので、怖くて試せません。

もしかしたらアップデートファイルはリアルタイムに転送されるのではなく、Apple Watch側に転送された後にアップデートが始まり、その後はスタンドアローンな状態になるのかもしれませんが(その場合、ペアリングが切れても問題無さそう)

まあそんな事を思いながらアップデートを見守っていました。

アップデート自体は30分程で終わりました(放置してたらいつの間にか終わってたので厳密ではないが)
IMG_1030