iPhone 6 Plus用ケース SPIGEN ネオ・ハイブリッド メタル サテン・シルバーを購入 | エボログ

iPhone 6 Plus用ケース SPIGEN ネオ・ハイブリッド メタル サテン・シルバーを購入

何だかんだまたメインのスマホがiPhone 6 Plusに戻ってきました。
ついでに、前々から気になっていたiPhone 6 Plus用ケース、SPIGEN ネオ・ハイブリッド メタルを購入しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丁度AmazonのSPIGEN JAPANショップでセールをやっていたので安く購入出来ました。

このケースはSPIGENが各種スマートフォン用に展開しているネオ・ハイブリッド シリーズのiPhone 6 Plus用で、硬質ラバー+樹脂で出来たカバー部分とアルミ製のバンパー部分の2パーツで構成されています。
ケース部分の内側にはネオ・ハイブリッド伝統(?)の特徴的な溝が付いています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhone 6 Plus シルバーに取り付けた所。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面はこんな感じ。
裏面は硬質ラバーで出来ており、細かい凹凸が付いています。
ただ、結構ツルツル滑るのですべり止めとしての効果はイマイチな感じ。
ここにはもっとグリップ力のある素材を使って欲しかった・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リンゴマークの所に穴が開いており、そこからリンゴマークが拝めるようになっています。
ちなみに、この穴の所に指を引っ掛けて使うとiPhone 6 Plusのサイズでも安定して片手で持つことが出来ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電源ボタンの所には「PWR」との印字がされています。
恐らくレーザー印刷。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

音量ボタンの所にも+、-の印字が。
マナーモードのON/OFFトグルの所には穴が開いており、本体のトグルを直接操作する形になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライトニングコネクタやイヤホンジャック部はこんな感じ。
純正のライトニングコネクタやイヤホンは難なくさせますが、30ピンDockコネクタをライトニングに変換させるアダプターを使っている場合は接続できません。(microUSB→ライトニング変換アダプタは大丈夫)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に使ってみての良かった点、悪かった点はこんな所。

良かった点

  • 背面のアップルロゴの所に開いてる穴に指を引っ掛けられて便利
  • 思いの外軽い
  • デイスプレイ側の周囲に突起があるのでディスプレイ側も保護出来る

悪かった点

  • バンパーのアルミが結構傷つきやすい(材質が柔らかい)
  • バンパーのエッジはダイアモンドカットしているとの事だが、iPhone 5のエッジと比べると肌触りはかなりイマイチ
  • せっかく付いている背面の凹凸がすべり止めにならない

裸で使うよりかはかなり使い勝手が良くなった印象なので、このケースを暫く使っていこうと思います。

しかし、本当ここ数ヶ月で一体何機種機種変させてるんだろう・・・。
Xperia A2、Nexus 5、iPhone 5、iPhone 6 Plusを行ったり来たり・・・。