凄く薄くて軽い!SHSのボアアップシリンダーを購入 | エボログ

凄く薄くて軽い!SHSのボアアップシリンダーを購入

SHSのボアアップシリンダーを購入しました。
シリンダーの紹介なのに「薄くて軽い」とか何か変な感じですが、実際薄くて軽いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材質はアルミで壁面に放熱用の凹凸が付いています。
アルミ素材なだけあって非常に軽く、少し力を入れると変形します。
柔らかいのでフルシリンダーが組み込めないはずのメカボにも組み込む事が出来てしまいそうなのですが、恐らくそれをやるとシリンダーが変形してしまいそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれのシリンダーを比較してみます。
右から順に東京マルイ純正(真鍮)、ハリケーン製ボアアップシリンダー(ステンレス)、SHSボアアップシリンダー(アルミ)となっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、東京マルイのシリンダー。
内径は23.78mmでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、ハリケーン製ボアアップシリンダー。
こちらの内径は24.58mmで、東京マルイと比較すると0.8mm内径が広いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に今回購入したSHSのボアアップシリンダー。
内径が24.75mmで、東京マルイと比較すると0.97mm内径が広いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハリケーンのボアアップシリンダーも中々の物ですが、SHSのボアアップシリンダーはそれ以上に内径が広いという結果になりました。
ただ、少し懸念とされる点としてアルミという柔らかい素材を使っているという事ですね。

チャージングハンドルやダミーボルトと擦れたりする構造の銃だと危険な感じがします。
ステアー AUGやP90のように完全にメカボックスがフレームの中に収まり、干渉する恐れのあるパーツが全くない銃であれば安心して使えるのではないかと思います。