マウスコンピューター MADOSMAを暫く使ってみての感想 | エボログ

マウスコンピューター MADOSMAを暫く使ってみての感想

MADOSMAを4日程使ってみての感想になります。

端末のサイズに関して

MADOSMAは現在Androidスマホで一般的になっている解像度である5インチサイズのディスプレイを搭載しており、大きさは142.8×70.4×8.4mmとGoogle Nexus 5より一回り程大きい程度のサイズになります。

故に、私は片手(右手)で持つと画面左端のボタンに殆ど指が届きません。
その為、ホーム画面のよく使うアプリ等は右中央~右下にボタンが集中します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、Windows Phoneのありがたい所はAndroidやiOSのように画面左上に戻るボタンやメニューボタンが無いという所。
戻るボタンは基本的に本体左下のボタンですし、メニューボタンも必要なアプリは画面右下の方に出てきます。
また、メールやTwitter、LINEの「送る」や「投稿」ボタンなど、独立したアプリのボタンは画面下側に中央揃えで配置されているので、片手でも難なく使う事が出来ます。

AndroidやiPhoneだとどうしても何度もスマホを持ち直さないといけないので、これは非常の良いユーザーインターフェースだと思います。


動作の快適さについて

MADOSMAのスペックは数値上お世辞にも良いとは言える物ではありません。
CPUはミドルエンドクラスのクアッドコア 1.2GHz、メモリは1GB、ストレージは8GBといった具合に所謂「格安スマホ」のカテゴリに属する製品かと思います。

ただ、Windows Phone 8.1というOSが優秀なのか、普通に使っていても動作の鈍さは感じませんでした。
Androidの格安スマホだと1日使った位で「あ、やっぱりこの程度なんだな」という具合にスペックの差を感じてしまうんですがね・・・。

アプリの起動や画面遷移等、動画で撮ってみました。
見ての通り、カクついたりフリーズしたりといった事は殆ど起きていません。

MapFanをグイグイ動かすと結構辛い感じでしたが、後ほどgMaps(Google Maps APIを使ったサードパーティアプリ)を入れてみた所、処理落ちっぽい動きが無くなったので、カクカクするのはMapFanというアプリ自体の問題だと思います、


バッテリーの持続時間について

MADOSMAのバッテリーは2300mAhとGoogle Nexus 5と同様の容量になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近のキャリアから出ているAndroid端末と比較するとバッテリー容量は少ないですが、私の使い方だと問題なく1日持つ程度の容量なので特に気にはならないですね。
OS自体の省電力性能が優秀なのと、1.2GHzのクアッドコアプロセッサのおかげだと思います。
あと、メモリも不用意に沢山積んでないのも影響しているんですかね。

バッテリーの使用量はこんな感じでした。

基本的にWiFiに繋いでいる状態でかなりハードに使った時(平日の使い方)

wp_ss_20150710_0001

15時間16分、充電無しで稼働させ続けてバッテリー残量は17%でした。
アプリをダウンロードしたり、SNSやRSSのアプリを頻繁に起動させたりといった事を3G/LTE、WiFi環境問わず行ってみました。

基本的にWiFiに繋いでいる状態で普段通りに使った時(平日の使い方)

wp_ss_20150711_0001

15時間23分、充電無しで稼働させ続けてバッテリー残量は49%でした。
往復の電車でRSSや各種SNSを閲覧したり、会社でちょくちょくブラウザやSNSアプリを立ち上げるといった”普段通り”の使い方をした時の結果になります。

基本的に3G/LTEに繋いでいる状態で普段通りに使った時(休日の使い方)

wp_ss_20150711_0003

8時間59分、充電無しで稼働させ続けてバッテリー残量は58%でした。
休日は大抵午後からどこかに出かけるので、平日に比べるとスマホを無充電で使っている時間は短いのですが、常に3G/LTEを使って通信しているのでバッテリーの消費量は高めです。
とは言え、約9時間経過してもまだ残量が50%以上残ってるという結果になりました。


カメラの性能

MADOSMAのカメラは800万画素とiPhone 5や6と数値上は同じスペックになりますが、レンズの明るさや感度は大分異なっています。
wp_ss_20150709_0038

印象としては、

  • 室内で撮る分には少し暗い
  • 外で撮る分には十分な明るさを持っているが、コントラストが低い
  • オートフォーカスがイマイチでよくボケた写真が取れる
  • シャッター速度が遅いのか、手ブレが激しい(手ブレ補正が無いのも問題かもしれません)

といった感じです。
とりあえず、「スマホのカメラとして普段使いする分には問題ないが、デジカメの代わりにはならない」といった具合。
SNSでちょこっと写真を撮って投稿する分には大丈夫ですが、遊びや旅行等の写真を撮って保存するのには適さない画質だと思います。


端末の使用状況を見てみる

4日使ってみた結果がこちらです。
名称未設定-1

データセンサー(ネットワークの使用量)

3G/LTEの使用だとRSSアプリであるFeedseaが一番通信してますね。
WiFiだとOSのアップデートやアプリのダウンロード、Dropboxといった具合。

まあ、これはAndroidやiPhoneでも同じような状態です。

ストレージセンサー(ストレージの使用量)

私はMADOSMAに32GBのmicroSDHCカードを挿しており、写真や動画などのファイルは全てSDカードに入れるようにしています。
一方、アプリに関しては本体のストレージに入れるようにしています。

私が必要だと思ったアプリを色々とインストールした状態ですが、8GB中4.53GBまでの使用にとどまっています。
まだまだ空き容量はありますね。

これならWindows 10が配信されても問題無さそう。

バッテリーセーバー(バッテリーの使用状況)

ダントツでバッテリーを食っているのはTwitterですね。
次にFacebook、カメラ、メール、ブラウザといった具合。

一番ネットを使っているFeedseaが意外とバッテリーを食っていないのに驚きです。


総評

MADOSMAは私が初めて使ったWindows Phone搭載のスマートフォンになるのですが、OSの出来は非常に良いと思います。
個人的には後はカメラの性能さえよければ全然常用出来るクオリティだと思います。

カメラの性能と本体質感が凄く安っぽい(値段相応だが)以外の不満点は特に無いですね。