Lenovo ThinkPad トラックポイント キーボードを購入 | エボログ

Lenovo ThinkPad トラックポイント キーボードを購入

会社で使っているキーボードをなんとなく買い換えたい気分になったので、前から少しきになっていたlenovo ThinkPad トラックポイント キーボードを購入しました。
キー配列はUS配列の物になります。

パッケージはシンプルなダンボール箱。
015f9da6167c1bfb00609b5ccd5d849d35c86457f2

裏側に製品保証書と開封チェック用のシールが張られています。
このシールは開封時に必ず破れる作りになっているので、新品かどうかのチェックに役立ちます。
011b6889c51b9b08b707844a70fb6be9dd83e34316

という訳で内容物はこんな感じ。

  • キーボード本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

01ee1ae8d1e626320cedd3d5d65172159c69901bbe

USBケーブルは一般的なMicroUSBです。
01fa3fd8bc4fe4872a70b2ccb11eda99d3ff31d991

という訳でキーボードを見ていきます。
全体像はこんな感じでThunkPadを使ったことのあるユーザーであれば馴染み深いトラックポイントとThunkPadのロゴが見えます。
また、キーボードの下にくっついているホイールボタンやクリックボタンも特徴的です。
0144624aa406075b6485a8e985b5f4f621769791b8

ThunkPadロゴはこんな感じ。
恐らくアルミ製の別パーツになっており、高級感があります。
“i”の赤丸が光らないのは少々残念ですが・・・。
0187cc744ff9df2278e17184a3d068a6da36672266

トラックポイントはこんな感じ。
普通のThunkPadと同等の物で、感度も普通な感じでした。
015924c7f0883625bf1d017beba272d1b2ff77c138

右クリック、左クリック、ホイールボタンはこんな感じ。
中央のホイールボタンを押しながらトラックポイントを移動させると上下左右のホイール移動が可能になります。
013cc3b1422a6dd7edefb9e1e5d45fc4162e9268b7

十字キーはこんな感じで、↑キーの左右に「PgUp」「PgDn」キーが付いています。
個人的にはこれは非常に使い勝手の悪い配置な印象があります。(十字キーはよく使うので、よく誤爆します)
01595614723214d64d823b3635e0d7f935003f3dc5

裏面にはキーボードの角度を調整する為のアレがあります。
角度は2段階で調整が可能です。
017723eca2beb76043a86e7af12dfac8333366e438

1段階
01bf6c704620956c9d24085b8f8a72d15fffbe4d11

2段階
01155670e75792b1f1da29456e4b42df0cb7263d18

USBをつなぐとそのまま使えるプラグアンドプレイ対応のキーボードではありますが、別途ドライバもインストールされます。
Screenshot_2

そして、ドライバインストール後は再起動が要求されます。
ちょっと面倒くさい。
Screenshot_4

何のドライバがインストールされるのかと言うと、トラックポイントの感度調整用のドライバです。
これ、マウスカーソルとは別の設定なんですね・・・。
Screenshot_1


キーの触り心地やタッチ感はいい感じ。
キーストロークの浅いキーボードが好きな私としてはとても使い勝手の良いキーボードでした。

また、日本でUS配列のキーボードを買おうとすると結構選択肢が狭まってしまうんですよね。
このキーボードの英語配列が国内でも販売されていて良かったです。

という訳で、これから暫くこのThinkPadキーボードで作業をしようと思います。