StarkArms Glock17 セラコートバージョンに傷が付いたら全然セラコートらしくない感じに・・・ | エボログ

StarkArms Glock17 セラコートバージョンに傷が付いたら全然セラコートらしくない感じに・・・

今年の3月に購入したStarkArms Glock17 Gen.4 セラコートバージョン(今は私の友人が使っています)ですが、全くセラコートらしくない傷の付き方をする事が判明しました・・・。
そもそもセラコートが施されている物であれば、そう簡単に傷は付かないハズなんですがね。(セラコートにも色々な種類があり、一概には言えないが)

まず、マズル付近。
ホルスターに突っ込んだりしてると傷が付きやすい箇所ですが、見事に塗装が剥がれて銀色になっています。
01664ec32eeaefb552be28bb87f2a6898bd9c8d62e

インナーバレルのこの部分も使っていると傷が付きやすい所ですが、こちらも見事に塗装が剥がれています。
013f7770bfcf69e40f4eb2b2c36045d3338376b54f

スライドの角っこも塗装が剥がれてますね。
011184733776e42cc80ce9270d5b0678f8a9a5dd4f

元々値段からしてそんなに期待はしていなかったStarkArms Glock17 セラコートバージョンですが、やっぱり大した事は無かったですね・・・。

そもそも「セラコート」という名前自体色々問題になっているジャンルではありますからね・・・。
ちゃんとした「セラコート」をしたいなら、正式にライセンスを取得している鈴友さんにやってもらうのが良いでしょうね。

セラコートの商標権利は以前までは他社が取得していましたが更新せず鈴友株式会社、代表取締役の私が新しく出願しました。香港と台湾も同様です。日本では実用新案も出願中です。セラコートをこの遊戯銃業界に発展を齎したのは弊社と皆様はご存知かと思い…

Posted by Tosh Suzutomo on 2013年11月16日