東京マルイ 特急ガン 分解レビュー | エボログ

東京マルイ 特急ガン 分解レビュー

発売開始早々に手に入れた東京マルイ新製品特急ガンですが、早速バラしていきます。
買った物はとりあえずバラす。基本ですね。

特急ガンはモナカ構造なので分解は容易に行えます。
1つ、面倒なのが前輪2つが圧入されているのでこれを外さないといけない所。(もしかしてこれが分解防止対策?)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前輪2つを外したら、あとは側面のネジを4本外すだけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネジを外すとこんな感じに真っ二つになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発射機構は銀弾のそれと全く同じだと思います。
トリガーを引くと同時にメインスプリングが圧縮されて、最後まで弾ききるとシアーが外れてメインスプリングが解放されます。
メインスプリングによって押し出された突起が弾を直接叩いて弾が飛び出ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、メインスプリングは東京マルイエアーコッキングハンドガンのそれより一回り細いです。長さは全然特急ガンの方が短いです。
銀弾サイズがどの程度なのかは実物を持っていないので未検証ですが、構造的にもしかしたら銀弾のそれと同じかもしれませんが・・・。

バレル、チャンバー、ピストンにあたる部分はこんな感じ。
チャンバーには2本の溝が掘られており、そこで弾を保持しているようです。
なので、傾けても弾が銃口からこぼれ落ちる事はないです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、内部構造と寸法はある程度把握できたので、これからどのように弄っていくかを考えます。
6mmBB弾に対応させるのは比較的簡単そうですが、飛距離をどう稼ぐかが難しそうですね。
単純にバネを固くするだけだとおもしろくないですし、大して飛距離も伸びないと思うので・・・。