MacBook Pro Retina(2012年モデル)にMac OS X 10.11 El Capitanを入れてみた | エボログ

MacBook Pro Retina(2012年モデル)にMac OS X 10.11 El Capitanを入れてみた

先日リリースされたMac OSの最新バージョン、Mac OS X 10.11 El Capitanを2012年モデルのMacBook Pro Retinaに入れてみました。

私のMacBook Pro RetinaはRetina版MacBookとして一番最初に発表されたMid 2012モデルで、構成は下記の通りにカスタマイズしています。

  • CPU・・・Intel Core i7 2.6GHz
  • RAM・・・16GB
  • GPU・・・NVIDIA GeForce GT650M
  • SSD・・・512GB

Mavericksまでは非常に快適に動いていたのですが、Yosemiteを入れた時に少し動作が重くなったな・・・と感じました。
El Capitanだと更に重くなる可能性もありましたが、せっかくリリースされたEl Capitanを入れない訳にもいかず(試したい衝動に駆られた)、ダウンロードが開始された直後にはインストールしてました。

という訳で、El CapitanのアップデートはMac AppStoreから行います。
ダウンロードは1時間掛からない程度で完了しました。
スクリーンショット-2015-10-02-3.49

El Capitanアプリを起動するとアップグレードが開始されます。
Mac OS Xのアップグレードはソフトをインストールする作業と同じ流れなので分かりやすくていいです。
スクリーンショット 2015-10-02 3.48.36

アップグレードの準備が完了すると、再起動が掛かり、アップグレードが行われます。
スクリーンショット-2015-10-02-3.48

後はひたすら待つだけ。
経験上注意点としては、フリーズしてるのかな?という状態になってもかならず半日~1日くらいは放置した方がいいです。
下手に再起動とかしたら致命的な問題になるので・・・。

どうしても動かなかったらそのままAppleに電凸ですね。

今回は20~30分程度で完了したと思います。
ちゃんとEl Capitanがインストールされました。
IMG_2283_1

スクリーンショット-2015-10-02-4.23

とりあえず、重さはYosemiteと大差ない感じです。
もしかしたらミッションコントロールの動作は少し軽くなったかもしれませんが、気のせいかもしれません・・・。

問題はiTunesがやたらと重いこと以外にこれといった問題は見当たりません。
ちょくちょく使ってるAdobe製品やMicrosoft Office等のアプリの動作も問題無さそうでした。

CPU負荷が常時300%前後になるiTunes。
おかがでFANの回転数が上がって結構煩いです。(iTunesで音楽聞く時はヘッドホンしてるので気にならないですが・・・)