Apple Magic KeyboardのUS配列を購入しました | エボログ

Apple Magic KeyboardのUS配列を購入しました

私は今までApple Wireless Keyboardに「Mobee Technology The Magic Bar」という無線充電対応のバッテリーを付けて使っていたのですが、このバッテリーがもう寿命なのかバッテリーの持ちがかなり悪くなってきたので、Apple Magic Keyboardを購入する事にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、開封。
横から押し出すような感じで取り出します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内容物はこんな感じ。
今回からバッテリーがキーボードに内蔵され、Lightningケーブルで充電するようになったのでLightningケーブルが付属します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キーボードは最近のApple製品で標準となっているマットな感じの処理が施された肌触りの良いフィルムで包まれています。
ちなみに、このフィルムにはLightningケーブルと電源スイッチの部分に穴が開けられています。
製造工程の最後の方で動作確認を行う為の物ではないかと思われます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保護フィルムを剥がしたキーボード。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キーボード側面にはBluetoothアンテナ用と思われる樹脂パーツが組み込まれています。
Appleらしい綺麗な処理で、アルミの外装と面一です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央にはLightningコネクタが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Bluetoothアンテナの反対側には電源スイッチが付いています。(写真の電源OFF状態)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Apple Wireless Keyboard(上)と比較。
Mobee Technology The Magic Bar」が付いているので、電池収納部分に出っ張りがあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

重ねてみました。
Apple Woreless Keyboardはキーに寄って高さがバラバラなのに対し、Apple Magic Keyboardは全てのキーで同じ高さを採用しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

returnキー側はこんな感じ。
やはり、十字キーの左右だけ妙に大きいのが気になりますね・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体像。
横幅はほとんど同じですが、丁度単三電池1本文位、縦が短くなっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電池を収納しなくなった分、キーボードの角度もゆるくなっています。
個人的にはApple Magic Keyboardの角度はいい感じだと思います。
キートップが高いキーボードは角度が少しあった方が良いですが、Apple Magic Keyboardはキートップかなり低いのでこれくらい緩い角度の方が良いですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Macへの接続は簡単キーボードの電源スイッチをONにして暫く(数秒ほど)待てばBluetoothの一覧に「Magic Keyboard」の名前が表示されるのでそこからペアリングすればOKです。
スクリーンショット 2015-11-07 17.40.43

簡単にペアリングが出来るので助かります。
バッテリーも最初からほぼ満充電な状態なので、接続したら直ぐ使えるのが良いですね。
スクリーンショット 2015-11-07 17.40.49

暫くこのキーボードを使ってみての感想ですが、乗り換えた直後はキーストローク量に違和感を感じたのですが数日で慣れました。
逆にほとんどキーを押さなくていいので長い文章をタイピングしたりする時は楽で良いですね。

このキーボードを使っていると何だかApple MacBook Retinaも欲しくなってきます・・・。

バッテリーの持ち具合に関しては今のところ不満はありません。