FCC製 トレポン用120連/30連マガジン、MAGPUL P-MAG GEN3 BKを購入 | エボログ

FCC製 トレポン用120連/30連マガジン、MAGPUL P-MAG GEN3 BKを購入

FCC製のトレポン用マガジン、MAGPUL P-MAG GEN3を4本購入しました。色は黒色です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実物を持ってないので、刻印や質感がどの程度似てるのかは分かりませんが、見た感じかなりリアルな印象を受けました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガジンキャッチの部分はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SYSTEMA純正 120連マガジンと比較。
若干P-MAG GEN3マガジンの方が長いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部はこんな感じ。
SYSTEMA純正マガジンにはダミーカートっぽい表現がありますが、FCCの方にはありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リップとフォロアートップのk正常はこんな感じ。
SYSTEMA純正はひょうたん型で、先端が丸まっていますが、FCCの方は先端が平らになっています。
ちなみに、SYSTEMA純正のフォロアートップはBB弾を勢い良く排出すると一緒に飛んでいってしまいますが、FCCの方は問題無さそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常電動ガン用ですが、PTSのP-MAGと比較。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガジンの前と後ろの比較。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初代P-MAGもGEN3も似たようなデザインですが、細かい滑り止め用凹凸が違ってますね。
個人的にはGEN3の下部の細かい凹凸が気に入っています。


リアカン(30連)の設定方法とマガジンの分解

ちなみに、このFCC P-MAG GEN3は標準では120発の弾が入りますが、30発のリアカンに切り替える事も可能になっています。
その方法は下記の通り。

まずはマガジンバンパーを外します。
外し方は中央のボタンを押しながらバンパーをスライドさせます。このボタン、かなり硬いです・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バンパーを外したら、内部を押し上げます。
これまたかなり硬いので、私はゴムハンマーとポンチを使いました。(強く叩くと割れてしまう恐れがあるので、慎重に・・・)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうしたらこんな感じでマガジンがバラせます。
力は必要ですが、力加減さえ分かればそんなに大変な作業でも無いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

装弾数の切り替えはこのようなトグルスイッチになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついでにマガジンのインナーも分解してみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

分解時する時にスプリングを先に外せないかとあれこれ悩んだのですが、どうやら無理そうだったので、色んなパーツが吹っ飛ぶ事を承知でバラしました・・・。

内部には粘度の低いグリス(オイル?)が若干塗布されていました。
フォロアーの動きをスムーズにさせるものだと思うのでこれはそのままにしておきます。

ボルトストップのレバーはこんな感じの構造になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

120連と30連の切り替えスイッチはこのような感じになっており、
30連にした時はフォロアートップが写真の位置で止まるようになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、FCC P-MAG GEN3のレビューはこんな感じです。

ちなみに、P-MAG GEN3をトレポンに付けるとこんな感じになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA