VORTEX VIPER PST 1-4×24 TMCQ (MOA) Tacticalを買いました【ファーストインプレッション】 | エボログ

VORTEX VIPER PST 1-4×24 TMCQ (MOA) Tacticalを買いました【ファーストインプレッション】

VORTEX製ショートスコープ、VORTEX VIPER PST 1-4×24を購入しました。
レティクルはTMCQ (MOA)、ノブはタクティカル仕様の物になります。
同時に、VORTEXのスイッチレバー、SV-2も購入。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

VORTEX VIPER PST 1-4×24の内容物はこんな感じ。
スコープ本体、レンズカバー、取扱説明書、クロス、調整工具、電池等など
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

説明書にはスコープの調整方法やレティクルの見方等が載っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

VORTEX VIPER PST 1-4×24の外観

VORTEX VIPER PST 1-4×24本体はこんな感じです。
まあ、最近シューターの間で流行っている典型的なショートスコープの形ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

斜め後ろから。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

VORTEXのロゴ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

VIPERロゴ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レティクルの発光にはCR2032リチウム電池を使います。
ちなみに、付属の電池は三菱製でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パワーダイヤルと、エレベーションノブに集光アクリルが付いています。
これのおかげでどれ位回したかがよく分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、ヴィンテージノブの方には集光アクリルが付いていません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゼロストップ機能が付いています

VORTEX VIPER PSTにはゼロストップ機能が付いています。
ゼロストップ機能には付属のCRS Shimを使います。

まず、ノブを外します。
ノブは3本のイモネジで軸に固定されているので、それをレンチを使って外します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、ノブの軸にCRS Shimを差し込んでいきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CRS Shimは1枚0.17mmでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CRS Shimを差し込んでいってノブの可動域を調整してやる訳です。
使い方は簡単ですが、調整がめんどくさそう・・・。

というか、この機能はエアーガン用途だと宝の持ち腐れな気がします。
ゲーム中にゼロイン弄る事なんて、滅多に無いですし・・・。

VORTEX スイッチレバー SV-2の取り付け

続いて、パワーダイヤルにVORTEX スイッチレバー SV-2を付けてみます。
VORTEX スイッチレバー SV-2はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スイッチレバーはBushnell AR-OPTICS

構造は非常にシンプルで、パワーダイヤルにかぶせてネジで締め付けるだけです。
レバーの位置は、Bushnell AR-OPTICSと仕様を合わせる為に、2倍率の時に取っ手が上に来るように位置を調整しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Bushnell AR-OPTICS 1-4×24と、VORTEX VIPER PST 1-4×24を比較してみる

最後に、私が初めて買った実物ショートスコープであるBushnell AR-OPTICS 1-4×24との比較をやってみます。
というか、今はこれしかショートスコープ持ってないんですがね・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

共に対物レンズ経は24mm、倍率も1-4倍と非常に似たスペックのスコープですが、大きく違うのはやはりレンズの視野と明るさですね・・・。

Bushnell AR-OPTICS 1-4×24の視野

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

VORTEX VIPER PST 1-4×24の視野

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋外で撮れれば一番良かったのですが・・・。

写真でも分かる通り、VORTEX VIPER PSTの方が黒フチが少なく視野が広いです。
肉眼だとBushnell AR-OPTICS、VORTEX VIPER PST共にもっと黒フチが少なく見えます。

明るさも覗いた瞬間に分かるレベルにVORTEX VIPER PSTの方が明るいです。

ただし、1倍率時のレンズの歪みは若干VORTEX VIPER PSTの方が歪んで見えます。
視野を広げる為に無茶をしてるのかもしれません・・・。

重量に関してはBushnell AR-OPTICSが492gに対し、VORTEX VIPER PSTは454gと若干軽いですが、せいぜい40g程度の差なので劇的な違いは感じません。

とりあえず、VORTEX VIPER PST 1-4×24のファーストインプレッションはこんな感じ。
今後、屋外やゲーム、シューティング等で使ってみた感想も別記事で書いていこうと思います。