BCM BRAVOタイプの短いフォアグリップを買ってみた | エボログ

BCM BRAVOタイプの短いフォアグリップを買ってみた

元々実物買おうと思ってたのですが、実物買って「イマイチだな」ってなっても嫌だからなぁ。と思い、レプリカを買いました。
使ってみて、気に入ったらちゃんと実物買おうと思います。

という訳で、BCM BRAVOタイプ フォアグリップです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実物同様、グリップ底部に電池を収納する為の蓋が付いているのですが・・・

CR123Aは入りきらなかったです。
途中までは入るのですが、最後の方が引っかかる感じです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

単3電池は1本なら入りましたが、2本は無理でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

18650は論外
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあ、小さな六角レンチやドライバー等の工具を入れておく分には良いんじゃないでしょうか。
ただ、キャップは比較的柔らかいゴム製なので、何かしらの衝撃や引っ掛けたりした拍子に勝手に空いてしまう可能性もあるので、要注意です。

そんなこんなで、とりあえずキメラM4に付けてみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若干斜めに付いているので、普通にフォアグリップとして使う事も出来ますし、レイルを握りこんだ時に手を引っ掛ける為の部分としても使えます。
割と使い勝手が良く。KEYMODやM-LOKマウントを採用している細身のハンドガードであればより一層使い勝手は良くなりそうです。

全体像はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなフォアグリップを買っておいて何ですが、正直このハンドガード(PRI GIII デルタレイル)には何も付けない方が握りやすいです・・・。