PTS製MAGPUL MOEトリガーガードとMAGPUL SSGセレクターレバーを購入しました | エボログ

PTS製MAGPUL MOEトリガーガードとMAGPUL SSGセレクターレバーを購入しました

WAの外装カスタムとして、とりあえずPTS製のMAGPUL MOE トリガーガード(リアルサイズ)と、MAGPUL SSGセレクターレバーを買ってきました。
トリガーガードはWAの他、G&P、KSC、SYSTEMA PTW等、リアルサイズのトリガーガードを採用しているフレームに対応している製品で、セレクターレバーの方はWAとG&P対応の物になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、まずはトリガーガードの取り付けから。
私のWA M4はフレームがG&P製になっており、もしかしたらWA純正と若干異なる寸法になっているのかもしれませんが、ポン付けは出来ませんでした。

まず、グリップ側がフレームに干渉して入らなかったので、2mm程若干削りました。
これでフレームに入るようになりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、今度は長さが足りず、ピンの穴の位置がズレてしまうという問題が発生。
こればかりは削ったりするのではどうしようもないので、トリガーガードをライターで炙って伸ばすことにしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポン付けとは行きませんでしたが、ちょっとした調整で付いたので一安心。
こういう個体差は海外製品ではよくありますよね・・・。仕方ないです。

続いて、セレクターレバーの取り付けを行っていきます。
まず、PTSのMAGPUL SSG セレクターレバーは、トリガーガード本体と調整用のシムが2枚付いたセットになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このセレクターレバーは右と左で長さが違うのが特徴的です。
セレクターをセミオートに入れ、右手でグリップを握った時に人差し指の付け根にセレクターレバーが当たらないようにする為の配慮で、アンビのセレクターレバーではよく見かける仕様です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、バラします。
実銃同様、単にはめ込まれているだけなので、比較的簡単に外せます。
正直ガスブロの分解・組み立ては電動ガンより圧倒的に楽だと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後はセレクターレバーを差し込むだけ。(差し込む時にグリスを塗布しておきます)
ガタつきが出た場合、付属のシムを入れるのですが、私の個体はポン付けで全くガタつきが無かったので、シムを入れる必要はありませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セーフ・セミ・フルの切り替えもバッチリ。
アンビセレクターになったおかげで、スイッチングした時の操作性も高まりました。

後はトリガーとかも弄っていきたいなぁと思ってるんですが、ガスブロのトリガーって結構お高いんですよね・・・。
ストレートトリガー組みたい・・・。