ACE1ARMS製 Glock17/18C用 AgencyArmsタイプ マグウェルを購入、Glock34に付けてみた | エボログ

ACE1ARMS製 Glock17/18C用 AgencyArmsタイプ マグウェルを購入、Glock34に付けてみた

Glock34の外装いじりは着々と進行中です。
ACE1ARMS製の、Glock17/18C用 AgencyArmsタイプ マグウェルを買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AgencyArmsってなんか不思議とかっこいいカスタムパーツ作ってますよねぇ。

マグウェルはまあ至って普通な感じですが・・・。
材質はアルミ製で、マットな黒色で塗装されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

袋に入っている状態では、ネジなどがすべて組み立てられた状態ですが、Glockに取り付ける際には一旦分解する必要があります。
分解した状態だとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マグウェル底部はこんな感じ。
特にロゴや印字等は無い、シンプルなデザインです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、Glockグリップ下部に基部パーツを取り付けます。
ランヤードを付ける為(?)の穴を使い、ネジ止め。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネジを締め込め過ぎるとグリップが割れてしまうので、程よく閉めこんだら、底部を取り付けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

加工等は不要で、すんなり付きました。
気になるようなガタツキもなし(強くマグウェル掴んで歪ませようとすると、フレームごと曲がるので、少し動きますが・・・)

通常のマガジンバンパーをつけたマガジンを挿すと、ほぼツライチになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体像はこんな感じ。
Glock34はフロントが長いのでマグウェルが似合いますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マグウェルを付ける事によってハンドガンのマガジンの抜き差しは多少なりスムーズにはなったと思います。
ただ、抜くときは少し厄介で、私のGlock34はマガジンとグリップのすり合わせがいまいちなのか、まれにマガジンが自重で落下しない事があります。

その時はマガジンバンパーをつまんで抜いているのですが、このマグウェルを付けるとそれがしづらくなります。