斬新なシステムを搭載。OPTION NO.1 MAPLE LEAF Crazy Jet インナーバレルを買ってみた(Glock34カスタム) | エボログ

斬新なシステムを搭載。OPTION NO.1 MAPLE LEAF Crazy Jet インナーバレルを買ってみた(Glock34カスタム)

少し前からヤフオク等で見かけるようになり、ついに国内の店舗にも並び始めたMAPLE LEAFのインナーバレル、「OPTION NO.1 MAPLE LEAF Crazy Jet Aerodynamic Inner Barrel 113mm For M1911A1,Hi-CAPA 5.1」を買ってみました。

そういえば、「MAPLE LEAF」ってOPTION NO.1のガスガン向けカスタムパーツのブランド名って事で良いのかな?

製品名の通り、いわゆる「ガバ用」ですが、Glock 34で使うにはちょど良い長さなので、こちらの長さを選択。
Glock 17用とかだと短いですからね・・・。
ちなみに、内径は6.04mmだそうな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、こんな感じのインナーバレルです。
MAPLE LEAFの刻印はレーザー刻印でしょうか。若干エンボスが掛かっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何より特徴的なのが、このインナーバレルの先端。
このように内側と外側の2重構造になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常のインナーバレルだと、放出されたガスは銃口から四方八方に放出されて終わりですが、このMAPLE LEAF Crazy Jet インナーバレルだとこの隙間をガスが流れ、空気の壁を作り、初速の低下を防ぐそうです。(Cover Jet System(CJS)と呼ぶらしい)
img_1

また、チャンバー側も結構特殊な構造をしています。
見ての通り、やたらと切り欠けが多いです。
一体何用なんだろう・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あと、ほんの数ミリ程度ですが、HOP窓の長さも純正に比べると長めに作られています。
恐らく、同社製のHOPパッキン(HOPの凸部分がかなり長い)で使えるようにする為の物だと思われますが・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、こちらのインナーバレルをGlock 34に組み込みます。
ちなみに、バレル長にはこんな感じの変化があります。

上から順にGlock 17用 参式滑空(今つかってる物)、Glock 34純正、今回買ったMAPLE LEAF Crazy Jet インナーバレル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元々の初速はこんな感じ。
使用している弾は0.20g、室温は29度ほどで、マガジンは特に温めていません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、Glock 34からバレル〜チャンバー一式を取り外し分解。
バレルのみ交換します。
ちなみに、HOPパッキンはファイアフライのうましか辛口、HOPアームは純正、HOPダイアルはMAPLE LEAFです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HOPの位置もそのままで、HOPの突起はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組み上がったGlock 34のマズルはこんな感じ。
割りと丁度いい長さだと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初速はこんな感じで約4m/s上がりました。
これが「Cover Jet System」の影響なのか、バレル長が伸びた影響なのかはちょっと分かりませんが・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず初速は十分ですし、動作にも問題は無さそうなので、後は外で撃ってみてどのような影響が出るのかを見るだけです。