WA M4のチャージングハンドルを、通常電動ガンのパーツを使って修理しました | エボログ

WA M4のチャージングハンドルを、通常電動ガンのパーツを使って修理しました

私のWA M4につけているRaptorタプのチャージングハンドル、サバゲー行く度にポロポロ取れてもう嫌になりますよ…。
IMG_5486

ついに先日のサバゲーで紛失してしまいましたし。
IMG_5543

で、新しいチャージングハンドルを買おうと思って探していたのですが、よさ気なものが見つからず・・・。
Amazonで売られていたG&Pから出ているPRIのチャージングハンドルは良いなと思ったのですが、9000円オーバーで「フル刻印とは言えども、流石に高けぇよ」となり、断念。

どうしようかと悩んでいた所、部屋にこんな物が転がってるのに気づきました。
そういや、昔なんとなく買ったなぁ…、UFCの通常電動ガン用Raptorレプリカのチャージングハンドル。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、この子をバラしてWA M4のチャージングハンドルに取り付けてみる事にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、まずはお互いのチャージングハンドルをバラします。
バラした結果、思いの外寸法が違っている事が分かったので、「これはちょっと苦労しそうだな」と思いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組み込んでみたところ、ピンは挿さるものの、チャージングハンドルが動きません。
これは細部のすり合わせ調節が必要な感じ。

という訳で、どこが問題なのかを調べて、該当箇所を削っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

削っては仮組み、削っては仮組みを繰り返し、ちゃんと動くように調整が出来ました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

WA M4に取り付けるとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、これでWA M4は復活しました。
万が一、チャージングハンドルがまた取れてしまっても通常電動ガン用の物をベースに修理出来る事が分かったので、心置きなく使うことが出来ます。(そもそも、ピンの脱落防止を考えないといけないのだが・・・)