LCT AK74用のM4ストックアダプターを、WE GBB AK74に付けてみた | エボログ

LCT AK74用のM4ストックアダプターを、WE GBB AK74に付けてみた

WEのAK用カスタムパーツってあんまり色々な種類が出ていないのですが、たまにLCTやE&L、RealSword、GHK辺りの製品が流用可能なパーツがあったりします。(小加工が必要な場合もありますが)

という訳で、今回はWE GBB AK74UNにLCT AK74用のM4ストックアダプターを付けてみます。
こちらは、AK74純正の折りたたみストックを、M4ストックに交換する事が出来るアダプターで、メーカーはノーブランド。
ヤフオクで新品が1,680円で売られてました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じものと思われる製品を調べたらAmazonでも似たような物がマーケットプレイスで売られていました。
こちらはVFC用と書かれてますが、どうやらVFCとGHK、LCT、E&Lは基本的に同じ寸法らしいです。

製品は変換アダプター的な基部パーツとネジのみなので、バッファーチューブは別途通常電動ガン用の物を用意する必要があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、WE GBB AK74UNに取り付けていきます。
まず、折りたたみストックのピンを抜いてストックを外します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

M4ストックアダプターを取り付けて、ピンを挿し直します。
これだけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

加工などは一切不要で、ガタツキ無くポン付けする事が出来ました。

折りたたみ機能も問題なし。
とは言っても、実際にM4ストックを取り付けたら折りたたもうとしてもロックされないですし、嵩張って帰って邪魔なので、折りたたみ機能を使う事は無いと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、M4のバッファーチューブを取り付けます。
今回用意したのはAPS製の通常電動ガン用 バッファーチューブになります。

まず、付属のネジは長すぎるので、とりあえず半分に切断しました。
それでも長すぎたのでもう半分に切断して丁度いい長さになりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッファーチューブを取り付けて、ネジを締め込みます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後は適当なストックを取り付けたら完成。
とりあえず部屋に転がってたVLTORストックを付けてみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AKのゴツゴツしたフレームとVLTORストックは割りと相性が良いと思っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでストックの選択肢が格段に広がります。
特に私の場合マウントベースにドットサイトを乗せているので、ストックに頬付した時の構えやすさはM4ストックの方が良いですね。
純正だとアイアンサイトを覗くには丁度いいですが、マウント上のドットサイトを覗こうとすると、位置が高くてちょっと構えづらいので…。