CRUSADER製 通常電動ガン用 アンビマガジンキャッチ(CR-GM11-0012_BK)を買いました | エボログ

CRUSADER製 通常電動ガン用 アンビマガジンキャッチ(CR-GM11-0012_BK)を買いました

CRUSADERのアルミパーツって綺麗ですよね。
最近はカラーバリエーションも増えましたし、最近民間ライフルのカスタムで流行っている派手な色のパーツを散りばめてアクセントにするカスタムも出来るようになりました。

という訳で、今回購入したのはCRUSADER製のアンビマガジンキャッチです。
通常電動ガン用(VFCフレーム互換)のカスタムパーツです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は基本的にM4のマガジンキャッチをアンビにしており、結構サバイバルゲーム中も多用するんですよね。
で、アンビマガジンキャッチではないM4を使っていると「あ、これアンビじゃないや」とわざわざ銃を持ち替えたり、無理やり手を伸ばしてマガジンキャッチを押したりと面倒な事が多々有ります。

やっぱり銃は右手でも左手でも操作出来るのが一番です…。

マガジンキャッチのパーツはこのような構成になっています。
スプリングは付属していません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸いボタンのデザインは、ナイツ(KAC)のアンビマガジンキャッチみたいな感じ、アンビ部分はハイベロシティーアームズ(HVA)のアンビマガジンキャッチみたいな感じになっています。

こちらをE&L M4に取り付けるのですが、ちょっと問題が。
私のE&L M4はトリガーピンの脱落防止の為にアンチローテーションリンクを使っています。
そのアンチローテーションリンクの棒とマガジンキャッチが干渉してしまい、アンビでの操作が出来ませんでした。

仕方ないので、マガジンキャッチ部分を削って使えるように調整しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は斜めに削っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り付けるとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反対側は付属の丸いボタンを使わずに、今まで使っていたCRUSADER M4 AEG Match Magazine Buttonという「ODIN Works XMR Extended Mag Release Button」のレプリカボタンを使いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、こんな感じになりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

操作性ですが、特に問題は無いかなと思います。
ただ、フレームのサイズと合っていないのか、結構ガタツキがあってマガジンキャッチを強く押し込んだ後、戻す時に「カッ…チン!」という具合に引っかかるような感触があり、気持ちが悪いです。

とりあえず頃くはこの状態で使っていこうとは思いますが、暫くしたら交換する事になりそうです…。