レプリカ KACスタイル Aimpoint T1マウントを購入(マウントズレてる…) | エボログ

レプリカ KACスタイル Aimpoint T1マウントを購入(マウントズレてる…)

LayLax Evil Killer 07用にAimpointタイプのT1マウントを購入しました。
Evil Killer 07のマウントはT1互換なので、実物だろうがレプリカだろうがT1マウントが使えます。

という訳で、レプリカ Aimpointタイプ T1マウントの内容物はこんな感じ。
マウント本体とライザープレート(スペーサー)、六角ネジ、ライザープレートを使った時用のネジです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無刻印レプリカで、どこのメーカーかも分かりません。(ノーブランド品)
分かることは、クオリティはかなり低いという事くらい。
DYTACの比じゃない位に雑です。

20mmレイルに取り付ける、QD部分とT1マウント部分を外した状態。
この間にライザープレートを入れる事で高さの微調整をする事が出来ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では、早速LayLax Evil Killer 07を取り付けていきます。

…なのですが、早速躓く。
溝の寸法が違っており、入りません…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕方ないので左右を均等に削っていきます。
削りすぎてもガタついたり、真っ直ぐに付かなかったりする可能性があるので、少し削ってはEvil Killer 07を載せて〜というのを繰り返して削る量を調整していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、綺麗に取り付けれるようになったので、マウントを組み立てていきます。
ライザープレートも使おうと思ったのですが、寸法がバラバラで、マウントからはみ出したりしてしまって見た目がダサくなるので、今回は使っていません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Evil Killer 07を取り付けた状態はこんな感じになります。
割りといい感じかも?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、これ、マウント逆なんですよね…。
ちなみに、意図的に逆向きに付けた訳じゃなくて、出荷状態形通りに組み立てるとこうなっただけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、この後お店に行って外のマウントも見てみたのですが、全部逆向きに組み立てられていました…。

20mmレイル側のQD部分を180度回転させてやって取り付けると綺麗に取り付けられます。
それでも、若干左に寄ってる気がするのは気のせいだろうか…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マウントの精度は悪いですが、エアーガン用途であれば何の問題も無いでしょう。
実際に何度かサバゲーでも使っていますが、今のところ問題は起きていません。

クオリティを求めるなら、DAYTACのマウントの方が良い気がしますが…。