11月27日(日)に戸田のTAAPで開催された、第三回うらきん交流戦闘会に参加してきた | エボログ

11月27日(日)に戸田のTAAPで開催された、第三回うらきん交流戦闘会に参加してきた

戸田のTAAP、実は自宅から自転車で15分程度の距離にあるフィールドなのですが、一度も行ったことが無かったんですよね…。
という訳で、fujiwarąさん主催の第三回うらきん交流戦闘会にうちのメンバー2人と共に参加してきました。

今回はメインがKSG、サブにVP9とXDM-40を持っていきました。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

KSGは初の実戦導入です。
尚、KSGにはBushnellのホロサイトを付けて、レティクルを二重丸の物にしてみました。
このレティクルが結構いい感じで、概ね外側の丸の中に着弾します。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

Bushnellのホロサイトはレティクル交換が出来るのが魅力的ですよね…。

で、実際に使ってみた結果ですが、「とにかく長い…」
インドアだしショットガン楽しいかな?と思って持っていったのですが…。

恐らく屋外の市街地系フィールドとかであれば全く問題ないのだと思うのですが、TAAPで使うには長すぎました。
次は屋外のフィールドでリベンジですかね…。

結局ほとんどのゲームでハンドガンを使っていました。
VP9もXDM(マルイ製)も共に快調で、VP9はマガジンウォーマーが無いと少しキツイ感じでしたが、XDMはびっくりする程しっかり動いてました。

まあ、いつもどおり内容の薄いサバゲーレポートですがこんな感じです。(うらきんについて一切触れずに記事が終わる)