CRUSADER製 BCM GunFighter Charging Handle Mod3(GFH Mod3)を買いました。 | エボログ

CRUSADER製 BCM GunFighter Charging Handle Mod3(GFH Mod3)を買いました。

AR系のチャージングハンドルのカスタマイズは、ちょっとしたアクセントになるので良いですよね。
という訳で、BCM GunFighter Charging Handle Mod3風のチャージングハンドル、CRUSADER BCM GFH Mod3 チャージングハンドルラッチを買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内容物はこんな感じで、チャージングハンドルの取っ手部分(チャージングハンドルをロックする部分?)とスプリングのみです。
「GFH Mod3」とプリントが施されています。(この面は取り付けると下側になります)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの製品は恐らく通常電動ガン用のカスタムパーツになるのですが、こちらをSYSTEMA PTWの純正チャージングハンドルに取り付けてみる事にします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、付属の取っ手を外す為にピンを抜きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、CRUSADER BCM GFH Mod3 チャージングハンドルラッチを取り付けて、ピンを入れます。
スプリングはSYSTEMA純正の物でも大丈夫そうでしたが、今回はスプリングもCRUSADERの物に交換しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レシーバーに取り付けるとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロックも問題なく掛かりますし、スプリングのテンションもいい感じ。
また、変な感じのガタツキもありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上から見るとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャージングハンドルの取っ手部分が大きくなる事によって、操作性が向上する為のパーツですが、エアーガン(電動ガン)の場合はオシャレアイテムの1つでもあります。
実際、取り付ける事によって操作性の向上が体感出来るのはガスブロ位ですし…。

最近はこういう外装カスタムパーツでもワンポイント、オシャレな感じに出来るパーツが沢山出ているのがありがたいですね。
G&Pとライラクス位しかカスタムパーツが無かった時代とは大違いです…。