IRON AIRSOFT製 BADタイプマガジンリリースボタンをトレポンに付けました | エボログ

IRON AIRSOFT製 BADタイプマガジンリリースボタンをトレポンに付けました

Battle Arms Development製のマガジンリリースボタンである「BAD-EMMR ENHANCED MODULAR MAGAZINE RELEASE – LARGE」のレプリカを買いました。

色は黒色、ラージの方を買ったので、羽のようなパーツが付いています。
この羽のようなパーツのおかげで人差し指でマガジンリリースボタンを押した時の操作性が向上しています。

マガジンキャッチに取り付けるためのネジ穴はこんな感じ。

GBB/PTW用のこちらのマガジンリリースボタンですが、今回はPTW(トレポン)につけてみます。
今回は流速ポンの方に付けます。
元々CRUSADERのマガジンキャッチが付いていた奴です。

まず、マガジンリリースボタンに付いているネジを外します。
こうする事で、ボタン部分と羽の部分に分離させる事ができます。

SYSTEMA純正のマガジンキャッチに取り付けます。
ただ単に取り付けるだけだとマガジンキャッチがグラグラしてしまい、凄く気持ちが悪いのでネジロック剤を塗布しておきます。
尚、当然ながら今後外す可能性がある箇所なので、比較的柔らかめに固まるタミヤ製のネジロック剤を使います。

マガジンキャッチにボタン部分を取り付け、最後に羽の部分を取り付ければ完成です。
ネジロックの固着に半日位は掛かります。

という訳で、こんな感じになりました。

今回マガジンキャッチを変えた理由としては、リコポンのマガジンキャッチと被るからなんですよ…。
リコポンにもCRUSADERのマガジンキャッチ(色も形も同じ)が付いていたので。