ハイスピードギアの新作ダンプポーチ、MAG-NET DUMP POUCH V.2を買ってみた | エボログ

ハイスピードギアの新作ダンプポーチ、MAG-NET DUMP POUCH V.2を買ってみた

HSGI MAG-NET DUMP POUCH V.2という、折りたたみが可能なダンプポーチを買ってみました。
色はODです。

2本のマリスクリップっぽい奴で台紙に固定されています。

ダンプポーチを展開するとこんな感じになります。
ダンプポーチの展開はナイロンの取っ手(折りたたまれたダンプポーチを固定しているパーツ)を引っ張る事でワンタッチで展開する事が出来ます。

ダンプポーチ全体がメッシュで出来ており柔らかいですが、口の部分にはワイヤーのような物が入っており、しっかりと形状を保っています。
口は程よい硬さでマガジンを入れるのは容易に行えます。
そして、マガジンを入れた後は口が勝手に閉じるので、マガジンが脱落してしまう事を防止しています。

口が開いたままのダンプポーチだと走ったりしてるとよくマガジンが勝手に落ちるんですよね…。
1日に1〜2回はフィールドで落としてゲーム終了後に探し回ったりしていました。

ちなみに、こういう形状のダンプポーチを私は勝手に「海女さんダンプ」と呼称しています。
由来は海女さんがよく持ってる、ウニとか貝とか入れる袋(「スカリ」と言うらしい)に似てるからですね。

ダンプポーチの裏側には2×3のモレーが付いています。

このモレーにマリスクリップっぽい奴を通して使います。
このマリスクリップっぽい奴は、「HSG Clip」という名前の商品で、見て分かる通りマリスクリップと同じ用途の製品です。

という訳で、UR-TACTICAL OPS D-RING COBRA WARRIOR BELTに取り付けてみました。
UR-TACTICAL OPS D-RING COBRA WARRIOR BELTはベルト自体にモレーが付いているので、こういった製品を直接取り付けられるので良いですよね。

モレーのレーン数が合っていないので、強引な感じになっていますが、特に問題は無いですね。
ハイパロンのすべり止めとHSG Clipの程よい硬さによってしっかり保持されています。

また、このHSGI MAG-NET DUMP POUCH V.2には便利な機能が付いており、丸めた状態のダンプポーチを留めておく奴を反対側にぐるっと回すと、ベルクロのメスが丁度ベルトキットの所に来るのです。
もちろん、このダンプポーチを留めておく奴はベルクロで固定出来るので暴れる事もありません。

ダンプポーチの大きさ自体はこんな感じで、M4マガジンであれば5〜6本は余裕で入ります。
幅、高さも十分にあるので、HK417やSCAR-H、AK等の大きめのマガジンも問題なく入ります。

実際に使ってみた感じですが、今まで使っていたEmersonのダンプポーチに比べてかなり使い勝手が良いと感じました。
具体的には、口がしっかりとした形状をしているので、大きなポケットに手を入れるような感覚でマガジンをダンプポーチに突っ込めるという点です。

今まで使っていたダンプポーチは口が常に開きっぱなしの状態なので、ストンとマガジンを入れて終わりだったのですが、1本目は良くても2本目以降は1本目に入れたマガジンに当ってしまうのです。
これはダンプポーチの大きさが小さいのも原因の1つですが、やはり口は付いていた方が安心出来ますね…。

ちなみに、ダンプポーチの口を絞る事が出来る製品もありますが、正直サバイバルゲーム中に口を緩めたり絞ったりする余裕は無いと思います。
私もその手のダンプポーチで口を絞る機能は殆ど使ったことが無いです…。