M4 CQBR BLOCK1/MWS用にPTS EPGと実物 MAGPUL MOE トリガーガードを付けてみた | エボログ

M4 CQBR BLOCK1/MWS用にPTS EPGと実物 MAGPUL MOE トリガーガードを付けてみた

何か毎回「M4 CQBR BLOCK1」とか言うの面倒くさくなってきたので、「MWS」で良いでしょうか…。

という訳で、東京マルイ製ガスブローバックライフルのM4 CQBR BLOCK1用として、PTS EPG DEを買ってきました。

出来ればMAGPUL MOE SL トリガーのFDEが良かったのですが、個人レベルで国内に持ってくるのは絶望的な感じなので諦めてこちらの製品にしました。
まあ、形似てるし色はMAGPULのFDEとほぼ同じだし(茶色系はメーカーによって結構色味が違うんです)

ちなみに、EPG-Cという少し細身で角度が緩いグリップも存在しているのですが、個人的にあまり角度が緩いトリガーが好きじゃないのでEPGの方を選択しました。

ガスブロ用なので、根本はこんな感じ。
実銃用のグリップが付けられる銃であれば何でも付きそうです。
また、スプリングを収める穴も空いているので、WEのGBB ARでも使えそう。

右側にPTSのロゴが入っています。

裏面にはEPGのマークが。
ちなみに、MOEグリップと同様、こちらは蓋になっており、電池や工具等を入れておく事が出来るようになっています。

蓋を開けると中からネジとワッシャーが出てきました。

ネジとワッシャーはこんな感じ。

グリップ内部はこんな感じ。

グリップの交換ついでにトリガーガードも交換していく事にしました。
丁度トレポンに付属してきたMAGPUL MOEトリガーガードが余っていたので、こちらを使う事にしたのですが、まさかこんな所に罠があったとは…。

M4 CQBR BLOCK1やMWSのグリップは実物規格なのですが、トリガーガードはどうやらエアソフトガン用らしく、実物のトリガーガードがポン付け出来ません。
マグウェル側をガッツリ削ってようやく付きました。

「よし、これで付けれるぞー」と思ったのですが、何とグリップ側も微妙に寸法が違っていたようで、ピンを打ち込んだらレシーバーが欠けました…。
まあ、目立ちにくい所なのでもう良いや…。

とまあ、実規格とエアソフトガン用規格のごちゃまぜに翻弄されています…。

最後にPTS EPGを付けて完成。
こちらはガタツキも無く、キツ過ぎる事も無く、ちゃんと付きました。

マルイは、エアソフトガンに実銃パーツを付けてほしくないのでしょうか。
なんだか悪意を感じます。(まあ、正しい選択と言えばそうなのかもしれませんが…)