東京マルイ Mac11 電動ブローバック フルオートを買ってみた | エボログ

東京マルイ Mac11 電動ブローバック フルオートを買ってみた

東京マルイ製の対象年齢10歳以上用エアーソフトガン、「Mac11 電動ブローバック フルオート」を買ってみました。
いつもゴリゴリ弄る事しか考えていない私ですが、たまにこういうネタ的な銃を買うのも良いですね。

本体はこんな感じで、外装は全て樹脂。
大きさはリアルサイズです。

反対側はこんな感じで、ネジ穴がボコボコ空いています。

刻印はこんな感じ。
ヘビロゴは実物通りなのかな?
インジェクションポート側の文字は、色々アレンジされています。
ここまでするなら、どうせなら一番上の弾も「CAL 6mm BB」とかにすればよかったのに。

セーフティーレバーはダミーです。
動きません。

代わりにグリップ側にセーフティーボタンが付いています。
これを押し込みながらトリガーを引かないと弾が出ません。

セレクターレバーはライブです。
セミオート(単発)の状態

フルオート(連射)の状態

セレクターレバーの動作はスムーズで「カチッ」というクリック感もあり、いい感じ。

マズルはこんな感じで、サプレッサーを取り付ける為のねじ切りが施されていますが、ちゃんとMac11専用サプレッサーの規格になっているかは不明。
また、スリングスイベルも付いていますが、樹脂製なので使わない方が良い気がします。

ストックも樹脂製。
この銃の中で一番ヤワそうな部位です。

一応ストックは展開出来ますが、伸縮は出来ません。

インジェクションポートはこんな感じ。
可動量は半分くらいです。
実際に動かすとここがカシャカシャ動きます。

サイトピクチャーはこんな感じ。
「とりあえず付けといたよ」感満載のこの感じ。

マガジンはこんな感じ。
電動ブローバック フルオートシリーズおなじみのバナナマガジンです。

銃身下部の蓋を開けて電池を入れます。
使用電池は単4電池(アルカリ乾電池推奨)4本です。

私は手元にアルカリ乾電池が無かったので、ニッケル水素充電池を入れました。

初速は0.20gで30m/s〜31m/s。
割と安定した初速が出ていました。

以前レビューした10歳以上用エアーコッキングハンドガン、S&W PC356の初速も30m/s程度だったので、同じくらいの初速が出ているという事になります。

ちなみに、射撃時のレスポンスですが、普通の電動ガンを「ウィパン!」と表現すると、この銃は「ウィン…パン!」位の感じです。
フルオートの場合、通常の電動ガンを「ウィパパパパパパ!」と表現すると、この銃は「ウィン…パンッパンッパンッパンッパンッ!」位の感じです。

めっちゃもっさり。
これがアルカリ乾電池だと変わるのかなぁ…?

でも、今思えば小学生だか中学生位の時に使ってた電動ブローバックハンドガン(当時はこれが10禁エアーガンの最先端だった)もこんな感じだった気がします。
私の周りでは「カツコン」とか名前が付いてました(動作音が「カツコン」と聞こえる事に由来)

あー、LiPo化してぇ。
ラジコンのコントローラー用の1セルLiPoなら丁度良いんじゃないかな?(そこまでするつもりは無いので、あんまり詳しくは調べていませんが)

とりあえず、「一応サバゲーでも使える」ように、予備マガジンも買ってみました。

後はマルイの新作、0.12gバイオBB弾の発売を待つだけです。