A&K STW(チャイポン)とSYSTEMA PTW(トレポン)のパーツの互換性について【バレル・チャンバー編】 | エボログ

A&K STW(チャイポン)とSYSTEMA PTW(トレポン)のパーツの互換性について【バレル・チャンバー編】

A&K STWとSYSTEMA PTWの互換性レビュー記事は、これが最後の記事になります。

という訳で、最後はバレル・チャンバー編です。
正直、「別にやらなくてもいいだろう」と思ったのですが、とりあえずやっていきます。

最初に結論を言うと、STWとPTWは根本的にバレルやチャンバーの構造が違うので一切の互換がありません。
交換する場合は一式交換する事になります。

チャンバー部分の比較

まず、チャンバーですが、ファーストインプレッションでSYSTEMA純正形状をベースにしたドラム式かと勘違いする位には形状が似ています。

左がPTW、右がSTWになります。
チャンバーの上部は、HOPアジャスターを入れるための穴が空いているだけで、大体同じ。

下部も同様に、PTWにはHOP調整用のイモネジがあり、STWにはそれが無いだけで大体同じです。

チャンバースリーブは長さが結構違います。

インナーバレルの比較

STWのインナーバレルは、マルイ式のHOP窓にPTW式の外径なので、非常に変な形状になっています。
左がSYSTEMA純正、真ん中がSTW、右が通常電動ガンです。

PTWと通常電動ガンの間の子みたいな形ですね。
おかげでどちらとも互換がありません…。

STWのインナーバレルを交換したければ、チャンバーも交換する必要があります。
当然、チャンバーを交換したければインナーバレルを交換する必要があります。

そして、分解レビュー記事の方でも紹介した通り、STWのHOP機構は、真鍮製のアジャスターでマルイ式のチャンバーパッキンを直接押している構造の為、非常にHOPの掛かり具合がよろしくありません。
せめてアジャスターはゴムの棒に替えたい所です…。

という訳で、さっくりした感じになりましたが、バレルとチャンバーの互換性レビューはこんな所です。

次は分解したSTWを組み立てていこうと思います。
組み立てついでに、ちょっとしたパーツ交換をしていこうと思っています。

正直、STWにあまりお金を投入したくないので、極力お金をかけずに調整していこうと思っています。
まあ、基本的には有り物のパーツを使う感じですね。