GUARDERから発売された東京マルイ製Glockシリーズ用 GEN2フレームを、Glock34に付けてみた | エボログ

GUARDERから発売された東京マルイ製Glockシリーズ用 GEN2フレームを、Glock34に付けてみた

遂に!遂にGlock用のGEN2フレームがGUARDERから発売されました。
ずっと待ち望んでいたGEN2フレーム(実はGen1の方が好きなんですが)なので、早速買ってみました。

こちらのフレームは東京マルイ製のGlock17/18C/22/34に対応する製品で、USA版とEurope版の2種類が存在しており、私が購入したのはUSA版になります。

ナイロンファイバー樹脂を使用した、質感のリアリティも高いフル刻印グリップになります。
内容物はグリップとシャーシを取り付けるネジ、トリガーピン、シリアルNOのプレートです。
ネジやピン、プレートはグリップの内側(実銃だとハンマースプリングが収まっている場所)に袋詰めにされて入っています。

シリアルNOのプレートはオリジナルっぽいですが、この感じだと数字は個体によって違いそう…。
つまり、ちゃんとシリアルNOとして機能してる感じですね。

世の中にある多くのGlockがGEN3やGEN4なので、GEN2はあまり目にしない気がします。
国内のエアガンメーカーだとマルイがエアコキGlock17とGlock17LでGEN2フレームのGlockを出している位じゃないでしょうか。(モデルガンや、MGCのように今は息していないメーカーを除く)

このレイルもフィンガーチャンネルも何もないスラッとしたデザインが良いんですよ…。

GEN3、GEN4モデルでは付いている20mmレイルはありません。

グリップはこんな感じ。
GEN2にはGEN3やGEN4で付いているフィンガーチャンネルが無く、またグリップ上部の親指を引っ掛ける為の窪みと出っ張りもありません。
このフラットなデザインのグリップが私がGEN2を気に入っている理由です。

内側はこんな感じ。
特に気になる点は特に無く、成形はしっかりしてます。
また、シャーシを固定するネジの受けに真鍮製のインサートが入っています。

フル刻印モデルなので、当然Glockロゴはしっかり入っています。

グリップ上部の刻印はこんな感じ。
「MADE IN AUSTRIA」
「GLOCK INC. SMYRNA. GA.」

グリップ下部にはパテント番号が入っています。

という訳で、このGlockシリーズ用 GEN2フレームを東京マルイ製 Glock34に取り付ける事にしました。

とは言っても、散々Glockシリーズを買いまくった結果、一時期5〜6丁位のGlockを持っていた私なのですが、色々と整理をする為にマガジン以外の全てを売っぱらってしまったので手元にGlockが1丁もありません。

なので、買ってきました。

Glock34 2丁目です。
東京マルイのGlock34に関するレビュー記事はこちらを御覧ください。

という訳で、とりあえずバラします。
Glockの分解は、やりすぎた結果ピンの大きさとかも覚えてしまったので必要な工具を揃えるのが楽です…。

左がGUARDER、右がマルイのグリップ部分。
先述の通り、GUARDERのグリップには真鍮のインサートが入っており、マルイのグリップにはありません。
ちなみに、マルイのグリップのネジ穴には最初からヒビが入っってました…。

後は組み立てていくだけなのですが、細かいパーツの比較をしていきます。

まず、ピン。
左がマルイ、右がGUARDERです。
マルイのほうが茶色っぽい感じで、GUARDERは黒色という違いや、抜け防止の溝の入り方が少し違う感じですね。

ネジは明らかに仕様が異なります。
左がマルイ、右がGUARDERで、マルイはタッピングネジなのに対し、GUARDERのは普通のネジです。

組み込む際にGUARDERのフレームにマルイのネジを使うとせっかくの真鍮のインサートを破損させてしまう(ネジを切り直してしまう)ので、気をつける必要があります。

という訳で、内部のパーツを組み立てて完成。
組み込み時のトラブルは一切ありませんでした。

ちなみに、友人も新品の東京マルイ製Glock22とGUARDERのGEN2フレーム(こちらはEurope版)も購入し、私がサクッと組んだのですが、こちらも問題なく組み立てる事が出来ました。

後はスライドを乗せて完成。

いやー、キモい。最高にキモい。
Glock17LやGlock17はそんなにキモくないのですが、Glock34のGEN2フレームは何か凄くキモいです。

反対側はこんな感じ。
やっぱりキモいです。

スライドストップをかけた状態。

シリアルNOのプレートはこんな感じ。
そう言えば、よく考えずに適当に組んだのですが、向きが逆です(そのうち治そう)。
正しくは、文字の頭がマズル側です。

組み立て後の初速はこんな感じ。
まあ、組み立て前の初速を測っていないので比較出来ないのですが、マルイの箱出しGlock34はこれくらいの初速なので落ちてはなさそう。
動作に関しても箱出しと同様にスムーズにスライドが動くのでフレームと干渉してしまうような問題は起きていません。

オマケ

このGEN2フレームとGlock34を購入した前日に、こんな会話があったりしました。

という訳で、元ネタは実銃のGlock34+GEN2フレームだったりします。