KSC Mega Arms MML MATEN システム7TWO搭載ガスブローバックライフルのレビュー(ファーストインプレッション) | エボログ

KSC Mega Arms MML MATEN システム7TWO搭載ガスブローバックライフルのレビュー(ファーストインプレッション)

いやー、遂に出ました、マテン君。
入荷連絡を受けて即効買いに行ってきました。

という訳で、予備マガジン2本と共に入手したので、レビューをしていきます。

「Mega Arms MML MATEN」のガスブローバックライフル自体は、少し前にPTSが出していたのですが、今回私が購入したのはKSCから発売されたモデルになります。
PTS版とKSC版では主にボルト周りで使用されているパーツが一部異なります。

KSC Mega Arms MML MATENの付属品やマガジンについて

まず、付属品の紹介から。
クリーニングロッドと専用ローダー、取扱説明書、BB弾、HOP調整用の工具が付属します。

まあ、これと言って変わった物は無いので、紹介するまでも無いかもしれませんが、一応…。

マガジンはPTSオリジナルデザインの「EPMマガジン」と呼ばれるMAGPULのEマグを意識したようなデザインの樹脂製マガジンになっています。
5.56mmのAR用マガジンに慣れてると凄く大きく感じますが、HK417のマガジンよりかはスリムです。

マガジンはアウターとインナーに分かれており、アウター側は樹脂ですが、インナーは金属で出来ています。

マガジン上面はこのような感じになっています。

左側が放出バルブ、真ん中下側のスイッチっぽいのが空打ちモードのスイッチです。
写真の状態は空打ちモードONになっています(アルファベットの「B(多分Blankの略)」が空打ちモード)。
右側にガスルートパッキンとリップがあります。
尚、リップはマガジンから大きく突出しており、樹脂製なので落下時や何かに引っ掛けた時に折れてしまう可能性が高そうです。
アフターパーツが出てくれると有りがたいのですが…。

ガスの注入はマガジン底部から行います。
また、マガジンバンパーは中央のボタンを押しながらスライドさせる事で外す事が出来ます。

マガジンの重量はガスが空の状態で847g、満充填すると900gになります。
ガスの容量は53gといった所でしょうか。
「従来のM4の約1.6倍のガス容量を有する大型マガジン」と言っているだけあって、十分なガス量だと思います。(参考までに、マルイMWSが26g程度)

KSC Mega Arms MML MATENの外観レビュー

続いて、本体を見ていきます。
普通のサイズのARを一回り大きくしたようなサイズ感で、正直めちゃくちゃデカイです。
マガジン同様HK417と比べると小さい気もしますが、やっぱりデカイ…。というか、長い(まあ、16インチアウターバレルだし…)

フラッシュハイダーは大型のバードゲージ、ハンドガードは上面が20mmレイル、左右と底部がM-LOKになっているフリーフローティングハンドガード(14インチ)で、バレルももちろんフリーフロート(16インチ)です。
フロントサイトはPTSオリジナルのフリップアップサイト、EP BUISが付いています。

レシーバーはこんな感じで、MEGA ARMS刻印のレシーバーになっています(そりゃそうだ)。
あと、セレクターレバーの刻印もフルオート(AUTO)ではなく、ちゃんとBURSTになっていますね。
トリガーもMega Armsの物になっていますが、グリップはPTSオリジナルのEPGです。

反対側はこんな感じ。
マグウェル部分のシリアルナンバーはレーザーです。
また、インジェクションポート下部、ダストカバーを開いた時にがぶつかる部分には傷が付くのを防止する為と思われる、テープが貼られています。
そう言えば、このレシーバー、ボルトフォアードアシストノブが無いんですね。

ダストカバーを開けるとこんな感じ。
ボルトは少し角ばったデザインのカスタムボルトっぽい感じ。カッコイイ。

リアサイトもフロントサイト同様PTS EP BUISが付いています。

チャージングハンドルは普通なデザインの物です。
尚、チャージングハンドルのロックレバーのスプリングがめちゃくちゃ柔らかいです。何でこんなにふにゃふにゃなの?!と、びっくりしました。

ストックもPTSオリジナルデザインのPESが付いています。
ストックのガタツキはそれなりにありますが、個人的には許容範囲内だと思います。

バッファーチューブは6ポジションで、後ろから2つ目の窪みが貫通しており、リコイルスプリングが見えています。
ここからグリスを注入したりする想定なんでしょうかね?(説明書に書いてあるのかもしれませんが、見てないので…)

バッファーチューブの後部は斜めになっているタイプです。
個人的にこのタイプあんまり好きじゃないんですけど…まあ、仕方ないです。
尚、1本の棒から削り出して作っているのか、蓋のような物は無いので、外れる心配は無さそう。

KSC Mega Arms MML MATENの初速と動作の安定性

では、初速を測っていきます。
環境はいつも通りな感じで、ガスはHFC134A、BB弾はG&G 0.20g(樹脂弾)です。

まずは、常温(マガジンの表面温度は25度)での計測。
初速は75m/s〜77m/s辺りで割と安定していました。
常温でもキビキビ動いてくれています。

続いて、マガジン表面を50度程度まで温めた状態での計測。
初速は88m/s〜89m/s辺りで安定していました。

尚、先述の通りMATENのマガジン(EPM)は、インナーとアウターに分かれているので、アウターの温度が50度だからと行って、ガスタンクになっているインナーの温度も50度になっているとは限りません。
あくまで表面温度を50度まで上げて計測しているだけです。

マガジンの温度の違いによる動作の比較を動画で撮ってみました。

尚、3点バーストに関しては少し難ありな感じがしました。
というのも、マガジンを温めた状態でセミオートを使っている分には初速がかなり安定していたのですが、バーストを使用した途端に初速が下がり、その後セミに戻しても初速は低めのままでした。
つまり、バースト時はマガジンが急激に冷えてしまうのだと思われます。

これは弾の飛び具合にも大きく影響してそうな感じがしますね…。
何が原因なのか、それは追々究明していこうと思います。

KSC Mega Arms MML MATENの内部パーツを軽く紹介

最後に、テイクダウンして取り外せたり、見れる程度の内部パーツを紹介していきます。
テイクダウンは普通のAR15系と同じやりかたで行えます。

リコイルバッファーは樹脂製で底が薄くて硬いゴムになっているタイプです。
ぶっちゃけ、私が嫌いなタイプのリコイルバッファーですね。
リコイルの衝撃は弱いわ、バウンドも弱いわであんまり良いところが見当たらないタイプのリコイルバッファーです。

リコイルバッファーの重量は34gと超軽量。
恐らく、作動性を取った結果なのでしょう…。

ボルトはこのような形状で、割と特殊な形をしています。
角ばったデザインがAR15用のカスタムボルトな感じに近いですね。
尚、材質はアルミです。

ノズル部分はこんな感じで何か窪んでます。
BB弾がこの窪みに収まるのでしょうか?

ボルトの底部にはこのように稼働する爪が存在します。
恐らく必要以上にボルトが前進しないようにするためのストッパー的な役割を担っているのではないか?と思いますが、どうなんでしょう…?
あまり他のガスブローバックライフルで見かけない構造のパーツだったので写真に撮ってみました。

また、ボルトストップが引っかかる部分はスチール製の別パーツになっています。
ボルトストップが掛る度に削れていくというアルミボルト特有の問題は気にしなくて良さそうです。

ボルトの後部(リコイルバッファーとぶつかる面)は空洞になっています。
こんな空洞みたら鉛を埋め込みたくてウズウズしますよ…。ぜったい入れてやる。

ボルトの重量は207gと、リコイルバッファー同様超軽量。
鉛を入れたくなる気持ち…分かりますでしょうか…?

チャージングハンドルはパット見AR15の物と同じか?と思いきや全然長さが違います。
まあ、レシーバーもボルトも長いんですし、そりゃそうか…。

チャンバーを覗くとHOP調節ダイアルが見えます。
KSCらしいデザインのこちらの調節ダイアルは、付属の工具をインジェクションポートから突っ込んで回す事でHOPの量を調節する事が出来ます。

HOPパッキンの突起はこの通りV字になっています。
まあ、KSCのガスブローバック銃でよく見かける形ですね。

続いて、ロアレシーバーを少し見ていきます。

ハンマーはローラー付きの物で、ボルトの後退がよりスムーズになるように配慮されています。
ハンマーとボルトが干渉する部分にローラーを付けるのは、ボルトの後退速度向上にめちゃくちゃ効果があります…。

左がハンマーが倒れた状態、右がハンマーが起きた状態になります。
まあ、割と普通の角度かと思います。

という訳で、KSC Mega Arms MML MATENのファーストインプレッションは以上になります。
MEGA ARMSコンプリートと言うより、MEGA ARMS + PTSコンプリートみたいな感じですね。
マガジン、アイアンサイト、グリップ、ストックがPTSオリジナルデザインの物ですし…。

というか、そもそもこのMATENって、PTSから出てるMATENと全く同じ仕様(外観の話)なんじゃ…。
箱もPTS MATENと同じ見た目ですし、KSCのロゴはシールだし…。

PTS MATENと比較したくなってきました…。
だれか持ってる人いないかなぁ…。

まあ、それは置いといて、次のレビュー記事は「シューティングレンジで撃ってみた」か「分解してみた」のどちらかになると思います。

さっさとバラしたくてウズウズしてるのですが、やっぱり箱出し性能も見てみたいですし…。